2019-11-10

飯塚元院長を批判する人は、人として終わっているという話

http://www.news24.jp/sp/articles/2019/11/08/07541255.html

飯塚元院長が書類送検されるらしい。日本では年間3500人以上が交通事故で亡くなっているというのに、なぜこの88歳の老人だけが、ここまで批判の的なのだろうか?キーワードは二つある。一つは、上級国民であり、二つ目は、逮捕(されなかった)である。どうやら彼は、上級国民から交通事故を起こしても逮捕されなかったと思っている人々が多数いるらしい。そして彼らは 上級国民が、交通事故を起こしても逮捕されなかった というだけでここまで88歳の老人に向かって心ない言葉をぶつけ、人格否定までしているのだ。

ここからは私個人見解である飯塚元院長が犯した犯罪は、残念ながら全国どこにでもある交通事故だ。彼は勿論故意ではないし、そこまで批判に晒される理由など、客観的に見てないのだ。逮捕されないのであれば警察を叩くべきだし、高齢者が車を利用できる制度を作り出す国を批判すれば良い。それにも関わらず、元院長の人格否定からから何までし続けるのは、結局母子を轢き殺した老人を叱ってるという正義感からくる悦に浸っているからに過ぎない。やってることは小学生中学生がやる虐めと同じレベルの事であり、全く許される話ではない。正義を振りかざすのなら、人なんてそこらへんにいる虫けらと同じように扱ってもかまわない、別に殺してもかまわない、などと考えている 真のサイコパス の人間が何と多いことか、日本という国はまさしく、狂っているのだ。集団心理と呼べば良いのか、結局過失で交通事故を起こした犯人いくら叩いても世の中は何一つ変わらないのに。交通事故を起こすな、この老人は◯◯!、はやくあの◯にいけ!とか、そんな小学生レベル思考から一歩二歩先に進むことすらできない人間が、大多数を占める国が、日本なのだ

飯塚元院長を批判したそこの君

はっきり言わせてもらう、君は

(私のブログから引用しましたよければ

https://note.mu/tanaka412386/n/n506855e70935)

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん