2015-03-08

行政の『育児イベントの乱発』が、ズンズン運動の温床になる

★ズンズン運動首謀者の逮捕、世の中にはそういうエセ科学?の主宰者が多いから別に驚くに値しない。

 自分が気になるのは、

 「ズンズン教室を、自治体の『子育て教室』とかで税金出して後援していたりしてないか?」疑惑

  『●●市文化センターの3月の催し』とかで、ママ向け講座に入っていそうな気がする。

行政はご存知の通り、「水伝」とか「EM菌」とかのエセ科学に対して「ワキが甘い」。

 全国の自治体のどこかで、母親教室にズンズン運動講師を招聘していて、

 そこの赤ん坊が重大事故に至っていたら、行政はどう責任を取るのか?

★ズンズン運動の件、母親を責めるツイートが多数。

 多分そういうツイートしている人は子育てしたことないんだろうな。

 子供を持っているとわかるけど、妊娠出産界隈にはエセ科学が溢れている。

 で、バカ行政エセ科学を後援していたりする。

 行政が後援しているニセ科学母親に見抜け、というのは酷

★ちなみに調べてみたら、『マクロビ』については静岡県が後援した黒歴史あるんだな。

★「行政の『男女参画育児ナンタラ』とか『虐待防止ナンタラ』みたいな育児イベント乱発が、

 ママ界隈の育児不安を増大させ、トンデモ育児詐欺師蔓延る温床になる」とのツイートを見かけた。

 実際、ああいイベント費用対効果ゼロだろう

 行政意味のない育児イベント乱発が、結果としてズンズン運動とかホメオパシーなどの「乳幼児の命を奪う詐欺師の温床になる」なら、

 はっきり言ってこの手のイベントは開かない方がいい。有害

行政のああい育児イベントって、

 「わが市も、育児虐待防止に力を入れています」というスタンドプレーなだけたから。

 本当に必要としている人は、ああいイベントにいかないし、行く余裕がない

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん