2015-01-29

フットボールチャンネル編集長ツイッターでの発言について


カンゼンからのお詫び

このたび、弊社が運営するフットボールチャンネル編集長ツイッターでの発言により、大宮アルディージャならびにクラブ関係者の皆様、ファン・サポーターの皆様に多大なるご迷惑をおかけしました。深くお詫びいたします。

今回の件は、個人アカウントでの発言はいえ、サッカーメディアを統べる編集長サッカーに関することで発言したものであり個人の私見で済まされる問題ではありません。その発言内容は、メディア従事する人間としての自覚に欠けるものでした。

メディア企業としての責任真摯に受け止め、このようなことが再発しないよう本人への指導はもちろんのこと、SNS運用を含めた編集部への教育を徹底し、良質な情報を発信していけるよう取り組んでまいります

     株式会社カンゼン 取締役編集長 森哲


フットボールチャンネル編集長からのお詫び

1月16日、個人のツイッターアカウント大宮アルディージャについてツイートした内容は、事実に基づいたものではなく、多くの誤解を招く不適切ものでした。

1月17日にはツイッター上での発言を訂正し、翌日に削除・謝罪しましたが、多くの方の目に触れることになり、誤った情報が広まってしまいました。

私の発言によって大宮アルディージャ関係者の皆様に多大なご迷惑をおかけしてしまったこと、またサポーターの皆様に不安な気持ちを与えてしまったことを深くお詫び致します。

メディアの長として責任のある立場にありながら、このような軽率発言をしてしまったことを深く反省しております

今後はこのようなことがないように自らを律し、自身姿勢真摯に見直してまいります

繰り返しになりますが、大宮アルディージャ関係者の皆様・サポーターの皆様、誠に申し訳ありませんでした。

     フットボールチャンネル編集長 植田路生




ソース http://www.footballchannel.jp/2015/01/29/post68909/

魚拓  http://web.archive.org/web/20150129015020/http://www.footballchannel.jp/2015/01/29/post68909/

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん