2015年01月29日の日記

2015-01-29

http://news.livedoor.com/article/detail/9724693/

このケースはそれなりに知ってる人が多いことなのですぐ突っ込みとか入るし、みんな気が付くと思うけど。

マスコミってこのレベルの間違えすら気が付かず出しちゃうんですよね。。。

一般に詳しくない話とか、海外で中々真相がわからないような話の信憑性なんて。。。

大学で得た「今、もっとも役立ってること」って何?

http://d.hatena.ne.jp/Chikirin/20150129

みんなの意見を聞きたい

http://anond.hatelabo.jp/20150129204241

逆じゃん?女ができるとダメになるようなタイプが好きなんじゃね?

http://anond.hatelabo.jp/20150129230106

私のトラバが来ても 泣かないでください

そこに私はいません ブクマなんてしてません

増田あるある

千のブクマよりもたったひとつトラバをくれるおまえが愛しい

http://anond.hatelabo.jp/20150129204241

マジレスすると守るべきものができたらギャンブルやってられない

生活大事

養わなきゃいけないならなおさら

http://anond.hatelabo.jp/20150129223619

個人の生産性がどれだけ増えようが分配する分が増えれば総量が増えようとも労働量は変わらんだろうがw

多くを得れば多くを使うのが人間「生きる」上で避けられない道理

しかったらタダ働きなり給与全額寄付なりして細やかに抵抗してろw

初めてじゃなかったCの思い出

今やプログラミングといえば、Webなどで使われるような高水スクリプト言語中心のアプリケーションプログラミングが主流だ。

そんなこともあり、もはや以前の低レベル言語によるシステムプログラミングの苦労など、タダの昔話である

そこに来て、実際は齧った程度の分際で、性懲りもなくそんな昔話を書いてみる。


今も昔も、基本的に難しい仕事無茶振りから始まるものだ。

少なくとも10年位前に自分が手がけた(押し付けられた)仕事はそうだった。

大学で初めて触ったC言語しかポインタからないで止まっているような奴に、電文の再配信プログラムを任せたのだから


客は「遅延が絶対許されないシステムなのでJavaとかPerlとかはやめてねー」とにこやかな笑顔かつ笑ってない目で注文してきた。

そうなるとC/C++くらいしか事実上選択肢がない。

このうちC++は、Java経験がある自分からしても仕様が膨大かつ複雑すぎて、とても手に負えないと感じ、必然的にCで書くことに。

勿論Cの言語仕様がKR本一冊で収まるほどコンパクトであっても、それが簡単であることを全く意味していないというのを開発早々に思い知らされたのだが。

あ、Cと言えば電文提供側の機関が受信用のスケルトンプログラムを一応は用意してくれていたが、どう見ても電文受信中に接続が切れた時のことを考慮していない内容で、全く参考にならなかった。

その時点で相当ヤバいである


コード書きにおいては、例え一人屋台の俺ルールであろうが、コーディング規約のようなもの絶対必要である

その時のルールは「gccオプションに"-Wall"を入れた状態で、Warningゼロになること」にしてみたが、その途端、日付変更線をまたがない限り退社できない生活が始まった。

というかオブジェクトを使えないだけでも地味に辛いのに、更にCの言語仕様コンパクトである以上に原始的と言っていい代物で(だからWarningは基本無視できないのだ)、しか言語仕様以外の環境依存要素が山積していると来たもんだ。

そんな言語システムコールだらけのコードかつ複数ファイルディスクリプタの同時監視(即ち非同期でノンブロッキング)しかマルチプロセスシグナルもあるよ!とか、お客さんは俺を殺す気か、そもそも完成させる気無いだろとか、今だったら思う(当時はそう思う余裕もなかった)。

仕方なく最初のKRに加えて「UNIXネットワークプログラミング」をわざわざ東京に出かけてまで買って読み漁った。

後にも先にも、古今東西の名著と呼ばれるような本を、泣きながら読んだのはこの時だけだったりする。

そこまで凄い良書なのになんで絶版になったんだか。


いかし、それでも「子供を殺しても死なない」、かなり前の処理での領域破壊のせいで突然プログラムが止まっちゃうなどなど、やればやるほど問題が出る。

シグナルを受信し、仕様のとおりに処理するのがこんなに難しいのか!と途方に暮れたこともあった。

そして途方に暮れても解決の手段になるような便利なツールもなければライブラリもない。

結局、「ある程度正しく動いたら、あとは出来た所まで」で勘弁してもらってようやく開放されたが、今でも当時の自分仕事ぶりには全く満足していない。

無駄に頑張ったというか、頑張っただけの仕事であり、折角低レベル実装というCの本領発揮分野の案件でありながら、スレッドmalloc()、可変長引数は遂に習得できなかった。

こういうプログラムって、どうやったら正しく動かせるんだろ。


このような経験を経て、後年、Cやシステムプログラミングを指してギークな人々が

Cはとても高効率ですし、マシンリソースもドカ食いしません。残念ながら、Cがそれだけの効率性を実現するには、あなた自身が低レベルリソース管理(たとえばメモリ管理)を手作業でやってあげなくてはならないのです。それだけ低レベルコードがあると、複雑でバグも起こりやすいし、デバッグですさまじい時間をとられることになります今日マシンはずいぶん強力になっているので、これは通常は悪いトレードオフです――マシン時間を少し非効率に使っても、あなた時間をずっと効率的に使う言語を使うほうが賢明でしょう。

本物のプログラマアプリケーションプログラムなど書かず、まっさら金属板にゼロから書き込んでいく。アプリケーションプログラミングなど、システムプログラミングのできない弱虫のすることだ。

と言っていたことは正真正銘の事実であると痛感した。

あと、あれほど苦手だったポインタについても、「ポインタ理解できないと永久にC初心者」というのを嫌でも理解した。

あれはギターのFコードやSEALsのヘルウィークみたいなもので「習得できなかった者にとってはキャリアの終わりを意味するが、習得できた者にとっては始まりですらない」ものなのだ


・・・で、これだけで終わってしまうと本当にタダの黒歴史だが、これには少しだけ嬉しい後日談がある。

それから数年後、やはり電文転送系のシステムで、かつて自分がCのソロプレイでこなしていた規模の数万倍はあると思しき超大型案件助っ人の「兵卒」として参加したのだが、そこはインプラとアプリでチームが分かれており、アプリ側だった自分

配列ポインタ構造しか使わないで済むなんて、なんて楽な仕事なんだ!」と左うちわのんびり過ごし、しかも高評価をいただいて帰ってこれた。

実は今までの案件で一番幸福感が最高だったのは内緒である

ステルスクンニゲーム

自分の前を歩いている女性の脚が好みの細さだとめちゃくちゃクンニしたくなる。

あんまり我慢できないので、後ろから透視クリトリスの位置を想定し、そのバーチャルクリトリスを舐めている気持ちで舌を出してレロレロする。

クンニのピチャピチャ言う音が大きいほど大量の潮を噴くが、対象がその音に気づいて振り向いてしまったらゲームオーバー。そんなゲーム

会社廊下女性の後を歩いていた時になんとなく思いついてやってみたら思いの外興奮することに気づいてしまった。

それ以来というもの会社だろうが街中だろうが電車だろうがレロレロせずにいられなくなった。なんというか自制がきかない。

すれ違う人に見られたり、ターゲットに完全に気づかれたらどうしようといつも思いながらピチャピチャ言ってるんだけど、どうしてもやめられない。

露出狂であるとか、ああい変態行為を営む方々の気持ちが何かわかってしまった。やばい。どうやったらやめられるんだろう。

ゲイロリコン女性……「被差別性を帯びた共同体」について

http://anond.hatelabo.jp/20150128232843

 

また伏見憲明氏の『欲望問題から引用する。伏見憲明氏はゲイコミュニティについて以下のように語っている。

ゲイはまだ被差別記号としての意味合いも強く残っていますし、多くの異性愛の人たちが結婚をして家庭を作っていく中では、人生を共に生きていく仲間をゲイ共同性に求めていく志向もあると思います。(中略)そこそこ被差別性を帯びた共同体差し挟むゆえに、茫漠とした社会の中で他者と集い、共感を得ることができる、ということです。

 

続いて、たまごまご氏の『オタクが融解した、「げんしけん」二代目が、つらい』というブログ記事から引用する。

とても明るくて、幸せあふれる恋愛マンガとしての「げんしけん

楽しいです。

 

楽しいけど、読んでいて辛い。

ぼくは斑目世代感覚。90年代オタクですね。

そこにさようならを告げられて、若い世代でよろしくやりますよ、という流れになってきた。

 

もう、自分を重ねあわせるキャラクターは、いない。

http://d.hatena.ne.jp/makaronisan/20141225/1419531038

このつらさとは、「オタク」が被差別記号では無くなったことへの寂しさなのではないだろうか。『コンプレックス・エイジ』について、「こっちのほうが読んでいてほっとする」というコメントされているが、この作品で描かれる「歳を食ったコスプレイヤー」は被差別記号としての意味合いが未だ強い。というより、ここでは「被差別者・被抑圧者であるという自意識」の有無が重要に思える。

 

被差別性を帯びた共同体」が社会に受け入れられることで、被害者意識鬱屈・屈託の無いプレーンな「共同体」となっていく。セカオワが大人どもに叩かれるほどセカオ輪は強固になり、セカオワが大人どもに容認されるほどセカオ輪はユルくなるだろう。否定拒否攻撃してくる共通の外敵が居なくなる分、「被差別性を帯びた共同体」にはあった「弱者であるお互いを守りあう」という意味合いは無くなる。その分、共同体単位の結びつきの濃さは薄れていき、個人単位の結びつきになっていって、相性の良いもの同士が共同体の外で個人的に関わるようになっていく。共通の外敵を持つ「被差別性を帯びた共同体」でなら、魅力に恵まれない個人でも、その共同体意識の強さによって人と繋がることが出来たのに……。男性を敵視するフェミニストコミュニティを見ていても、彼女たちの目的は男女同権ではなく、男性を共通の外敵に設定して、女性同士の繋がりを強固にすることのようにしか思えない。そのようにしたがるのは、彼らの個人としての魅力が弱く(あるいは魅力に自信を持てず)、「被差別性を帯びた共同体」の力を借りないと人と繋がれないからではないだろうか。仮想敵にされる側からすればいい迷惑だが。

 

現代日本の,というかぶっちゃけて言うとオタクあいだで言われる「ロリコン」って,ぶっちゃけファッションであってそんな切実な性的志向じゃないだろ! と思うことが多々あって,もちろんガチペドファイルのひとたちがある程度いることは間違いないだろうけれど,雷ちゃんかわいいとか響サイコーとか薫ちゃんにせんせえと呼ばれたいとか言ってるひとが同時に愛宕萌えーとか加賀さんかわいいとかしぶりん結婚してくれとか言ってるの見てると,それもうロリっぽくデザインされたキャラ萌えてるだけで実際は小児性愛者でも何でもないようにしか思えなくて,そして肌感覚としてそういうひとたちの方が多数派なように思えるので,そういうのを見ているひとが「何お前らがセクマイ気取ってんだよ!」みたいに言うことも,まあ,よくわかる.

http://anond.hatelabo.jp/20150116015211

三次元はクソ」だの「女子大生ババア」だの散々言っておきながら、女子大生彼女が出来ると何事も無かったように「シーパラ行ってきてさ~♪」となる自称ロリコン自称オタク男子大学生を何人も実際に見てきた。ハンコ絵ならぬハンコ人格と言えるありさまであった。自称ロリコンの大半はそのような「なんちゃってロリコンなのだろう。真性の小児性愛者は小児にしか欲情できないため事態が深刻化しがちだが、「なんちゃってロリコン」は同年代にも欲情可能なため──むしろ年代への欲情がメインで、ロリに向かうのは上手く手に入らない同年代への当て付けかと思うこともあるくらいだが──それなりの年齢になると恋人を見つけ、結婚し、社会に容認された多数派としての人生を歩むことができる。「上がり」である

 

そして『欲望問題』に戻る。

コミュニティ活動や、ハッテン場や、ゲイメディアなどさまざまな場で、日々ゲイという共同性をめぐる動向を肌で感じているぼくは、いまではそれを解体すべきものとも、抑圧的な記号だとも思っていません。もちろんゲイ自分ではありえませんし、ゲイ共同性の中のある種の傾向や指向違和感をもたないでもありません。自分自身とそれの間には多少のズレや距離があるのが当たり前ですが、一つの足場として利用価値があると思いますし、自分にとっては大きな人脈資源だと実感するのです。ここ数年、ぼくは、ゲイからゲイコミュニティに属する、という見方ではなく、自分が豊かな人生を歩むのに、ゲイコミュニティというフィクションをいかに創造し、それを利用するのかというスタンスに移行しています

ゲイコミュニティ被差別性は徐々に融解しつつあるようだ。表現規制者に弾圧されている「ロリコン」や、恋愛至上主義に抑圧されている「非モテ」は、「オタク」という属性被差別性が融解して宙ぶらりんになった「被差別者・被抑圧者であるという自意識」を持つ人間の受け皿となるラベルだったんじゃないだろうか。被抑圧者になるためのラベルとしてのロリコンと、小児性愛者は別物であり、深刻度も別格だ。

最近では、ふと気がつくと、街で好みの少年のあとをつけていたり、もう少しで声をかけそうになっている自分にハッとします。それと同時にぞっとします。いったい私はどうしたらよいのでしょうか。なんとかならないものでしょうか。本当にもう子供に手を出してしまう寸前なのです……。

http://anond.hatelabo.jp/20150128232843

多くの自称ロリコンは、現実の子供に手を出しそうになったことがない。ロリコン自称するのは、「被差別者・被抑圧者であるという自意識」を持つ人間とつるむこと、そして強者愚痴を言うことが目的なのだ

http://anond.hatelabo.jp/20150129223652

それを声に出したら「増田君、もう帰りなさい」って言ってくれるんじゃね

http://anond.hatelabo.jp/20150129222853

はーなんてアナクロなンざましょ

効率化と機械化により個人が生み出す利益は乗数的に増えてるんざます

十人で十時間かかっていた作業が今は一人がボタン一つでポンざますのよ

じゃあその一人が残りの九人を養えるのは道理ざましょ

これがケチでなくてなんなンでしょう

ゲイカルチャーナイト

あんまりいかないけど、最近興味本位の人がいっぱいきてうれしい

http://anond.hatelabo.jp/20150129222407

ケチンボではない。

これは「生きる」ということにおいての必然だ。

古来より人類は自ら生きるための糧は自分たちで稼いできた。

それは集団生活においても不変であった。

それを放擲するお前のような奴は死を選んだに等しいのだよ。

わかったら働け。わからないなら死ね。work or die.

適当に書いた増田記事ホッテントリ入りした

大学の授業中に暇つぶしにパパパッと書いただけの記事ホッテントリし、なぜ普段ブログで真面目に書いてる記事ブクマが伸びないのか

言葉というものはどうも推敲すればするほど正確な表現になる代わりに魅力が失われてしまうという性質を持っているようですね

以上、自虐風自慢

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん