2019-03-21

髪の毛入りハンバーグの強度

よく都市伝説何だか知らないけどさ

ハンバーグの中に髪の毛がびっしり入っていた」っていう話があるじゃん

あれって複合材料として応用できないだろうか。

髪の毛という新規素材の導入による利点

一般人間の髪の毛は延性に優れており、特に縦方向への衝撃に対して非常に強い耐久性が見られる。

その強さとしては、髪の毛10本の束の限界張力が、およそ1.5kgであることからも分かるであろう。

反面、横方向からの切断などにおいては脆性が見られることから結わえるなどの工夫が必要であった。

しかし「ハンバーグの中に入れる」ことで双方の性質を活かしたまま材料として用いることが出来るのだ。

ハンバーグタネは非常に脆く、ツナギとなる卵などを用いて補強することが必須である

そこであらかじめ内部に毛髪を導入することで、この工程を省略しつつより頑強なタネを作ることが出来るのだ。

加えて、髪の毛入りハンバーグハンバーグ面に対して平行、すなわち横方向に埋め込まれている。

そのため食事の際にナイフの衝撃が垂直に入り、持ち前の脆性によって無理なく食事可能となるというわけだ。


ハンバーグによる毛髪の熱的問題解消

ここで一つの問題が提起される。

人髪の耐久温度は154℃であり、それ以上の温度となると分解あるいは強度低下が見られる。

そのため加熱が必要ハンバーグタネとの相性が悪いのではないかという懸念が挙げられるであろう。

かにハンバーグを作るのに必要温度は180~230℃とされる。しかしそれは表面温度に限った話である

タネ中心部温度としては65~80℃であることから、この熱的問題は素材の耐久性に関与しないことが明らかとなっている。

しろ、毛髪の「降伏応力(毛髪を引っ張って離したときに、元の状態の長さまで戻ることができる最大の力)」は湿潤時に低下することが知られている。

そのため、十分な加温により乾燥状態を維持することが出来れば、常に毛髪の耐久性を損なうことなハンバーグ耐久性を上昇させることになる。

その点でも、毛髪の有する問題点をハンバーグによって解消できる。

このような相補的な性質から、髪の毛入りハンバーグは非常に理想的な複合材料であるといえる。


問題


食欲が湧かない。


結論

以上より、髪の毛入りハンバーグ理想的な強度を有することが判明した。

また互いの難点を相補に克服しあう素材同士であることから新規複合材料としても期待できることを詳らかにした。

一方強度以外の課題残留も見られることから、今後の研究により改善を図りたい。

  • 人髪や クモの糸では 気持ちがよくない

      ハンバーグには 破断面を互いに押しつけていると   ガラスのように 融合する性質を持たせる                                                         ano...

  • anond:20190321152808

    初耳の都市伝説 心のノートにメモしておこうと思う

  • anond:20190321152808

    素人みたいな質問で大変恐縮です。    口腔内において、ハンバーグ片は咀嚼による撹拌と唾液の混合が繰り返し行われるものと考えられますが、 そうした条件下での理想的なハンバ...

    • anond:20190321215010

      元増田です。まずは質問ありがとうございます。 口腔内による攪拌ならびに唾液混合により、速やかに理想的強度は損なわれると考えております。 食事の際には、内部に存在する毛髪...

      • anond:20190321220823

        ご回答ありがとうございます。    今後のさらなる研究に期待しております。

  • anond:20190321152808

    あのなあ、繊維複合材料ってのは昔から研究が行われているし、カーボンファイバーを実用に持っていったのは何を隠そうこの日本なので、増田が何やってるか知らんけど書きたくなる...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん