2020-02-18

北欧白人万歳なのにanond:20200218103709

北欧モンゴロイドの血が入っていることが多いことをご存知ないのは非常にアレだなと思いました


寒くて暗いところは、アルビノ化して大型化して目もパッチリするのですが、

北欧北米は一重まぶた(内眼角贅皮)で目が小さい小柄な人もそこそこいます
これは単純に中頻度でモンゴロイド系の遺伝子が見られるからです

陸続きなんで当たり前っちゃ当たり前なんですがそう思い至らない人たちもいらっしゃるようで


そうして起こることは、A:見るからコーカソイド、B:薄顔のコーカソイド、C:見るからモンゴロイド、この3パターンの出現です

Aは問題無いでしょう、

Bは微妙ラインですがビョークサーミの血のヒロインあたりの感じですかね、

Cはあからさまに異端、でも当たり前ですが生まれます

どうみても冷寒対応したモンゴロイドの他に、コーカソイドの血が入っているので眉骨が出た感じの人も生まれます

おでこ(正確には眉骨)が突き出て(目が窪んで)るが、目鼻は小さく丸顔でどう見てもコーカソイドではない、のっぺ〜っとした『なにか』となります

この『なにか』が残念なことに、ブクマカ言葉を借りればいわゆる亜人顔だったりするし、Mongolian idiocy(蒙古症)=ダウン顔だったりする


たくさんの血が混じり合う地域でその血の出方によって差別が発生するのはインドカースト然り珍しいことではありませんが、

ダイバーシティ現代において、北欧発で今さらあんものを見せられるとは思いもしなかったというのが正直な感想です

あと虫を食べるのは奇異な行動ではありません。不気味さ(人間ではない)演出に使わないでください

東南アジアでは近代化されてもなお伝統食や風変わりなスナックとして食べますし、なんだったら食料危機を救う食材として研究もされてます(もちろん現代的でクリーン環境培養養殖されたもの)


トリーチャーコリンズ症候群が原因で顔の形が変形した少年主人公児童文学ワンダー 君は太陽 (原題:Wonder)』の方が

100億倍正しいと思いました。感動ポルノとか言われてるけどね

anond:20200211124942

記事への反応 -
  • 話題になった北欧の映画でトロールを演じてるのはコーカソイドだぞ低能

    • 北欧はモンゴロイドの血が入っていることが多いことをご存知ないのは非常にアレだなと思いました 寒くて暗いところは、アルビノ化して大型化して目もパッチリするのですが、 北欧...

      • アジア系のフン族がフィンランドとハンガリーまで攻めてったのは常識だよね!!

      • でもエヴァ・メランデルは二重まぶたで目が大きいですよね? はいろんぱっぱ。

        • アカデミー賞に特殊メイクでノミネートされてたけど受賞しないでよかったよ アメリカの全体のレベルはともかく 正しくあろうとする姿勢は素晴らしい さすがプロテスタント

    • 「ちょっと事実と違っててツッコミたくなる」を実践しただけだから…

    • あー北欧やアラスカにはモンゴロイドの血が混ざっているので コーカソイドの方にもそういう形質が出るというお話でしたね、 2代目低能先生までありがとうございます。

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん