2020-02-07

イカにできることはまだあるかい

そりゃあるよな。口に入れて噛むだけで旨味が溢れるんだから

何か行動するときに、ついでにイカを口に入れるだけで、常に口の中が美味い状態に保たれるんだから

だってあたりめを噛みながらこれを書いてるんだから、その説得力と言ったらないよ?

全然ふざけてるつもりはないんだ。ちょっと風変わりなことを言ってウケをとろうとかそういうのじゃないんだ。

たかイカでしょとか言うのももっともらしくはあるよ。でもそれはイカを口に含んでないから言えるんだよな。

いざ含んでみたらみんな翻すことになる。特に何かしながらの「ながらイカ」のありがたみは一回やれば分かる。

例えば家への道を歩んでいるとき、何か漫然と考えたりしてると思うんだけど、

このときイカを噛んでると、こう、これは比喩なんだけど、

脳の今使っている以外の領域に「美味い」って信号が絶えず送られているような感じがするんだよね。

あくまでも隙間に、メインの活動を妨げることなく美味さを伝えてくれるんだよね。

ほんとありがたいよ。

じゃあどうやってイカを手に入れるかだけど、一番お手軽なのはコンビニ

小袋なら百数十円。大袋なら三百円ぐらい。大袋なら量的な満足感は間違いない。

思い立った時にコンビニイカを買って食べる。これが一つの幸せの形であることは間違いない。

ただお手軽さを犠牲にすれば、いや手軽ではあるものの事前の準備さえすれば、新たな幸せを見つけられるといったらどうする?

ただ先に言っておきたい。この道は一方通行だよ?

もうコンビニあたりめでは完全には満足できなくなってしまうよ?

もう言ってしまうけど、アマゾンで「あたりめ」と検索して、ちょっと美味そうなあたりめを買うんだ。

厚いやつだ。評価が高いやつだ。ちょっと神経質そうな奴が褒めてるやつだ。

むやみに高価なものを買う必要はない。

グラム千円弱なら十分なものがあるし、これはコンビニ価格と大差ない。

厚いやつを食うと、如何にコンビニのが薄かったかと、

そして厚さはこれほどまでの違いをもたらすのかと思うよ。

でもコンビニのを馬鹿にしようとは思わないんだよな。

このイカに導いてくれたのは間違いなくコンビニイカなんだから

感謝はあれど、侮蔑なんてとんでもない。ただ感謝ノットイコール美味さなんだ。

世の中のほぼあらゆる二項の間にはノットイコールが成り立つけれど、

ここまで痛切なものもなかなかないよ。

この覆りようのないノットイコールを前にして、僕はただコンビニイカにサムズアップを送る。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん