2018-11-15

anond:20180917045312

なるほど。むかし「ぼくらの」アニメ化の際にこの問題あったな。監督原作を「嫌い」だから原作」と銘打ちつつ原作否定物語にした、みたいな。もちろん、媒体が異なり表現手段も変われば、原作といいながら異なる物語になってしまうこともある(たとえば富野の書いたオリジナル機動戦士ガンダム小説と、富野監督したアニメでは、全然違う話だ)から、元の作品からの逸脱だけが問題ではないと思うけど。

こういうケースについて思うんだけど、原「作」と原「案」とを分けたらいいんじゃないかな。そして、原「作」ならタイトル原則変えない、原「案」なら基本的に別タイトルにする(サブタイトル原作タイトル使用するなどは可)、みたいな自主ルールを作っていけばよいのでは。少なくとも、そうやって「こういう作品ですよ」ということを明示したらいいんじゃないかなあ。

たとえば二次創作系は基本的に原「案」だから、そこに目くじら立てても仕方ないんじゃない、とか。アニメ化に際して監督が「今回は原『案』ということでやりたいので、原作とは異なるテーマを描きます」とか最初に明言しておけば、みんな心静かにいられるのではないかと思う。原作ものでも原案ものでも、名作と駄作がある。原案物の名作と言えば、なんだろう。古いところではナディア、新しいところではおそ松さんか。

こういう例で分かるけど、「『原作』だからよい」ということもないし、「『原案』だからダメ」ってこともない。要は作品の出来だ、って意見にも一理ある。ただ、そこを分けないと、「(原作物として見れば)ひどい」「(原案物として見れば)面白い」という意見がいつまで立っても平行線な気がするんだよ。

記事への反応 -
  • ドラマ版「この世界の片隅に」素晴らしい作品でした...「この世界の片隅に」でさえなければ

    「この世界の片隅に」のドラマ版が今週日曜最終回を迎えた。自分にとっては呉旅行に行く前日に見てドハマリし道すがら原作コミックも買い、舞台となった街を散策できた思い出深い...

    • anond:20180917045312

      なるほど。むかし「ぼくらの」のアニメ化の際にこの問題あったな。監督が原作を「嫌い」だから「原作」と銘打ちつつ原作否定の物語にした、みたいな。もちろん、媒体が異なり表現...

    • anond:20180917045312

      それは単なるお前の中での解釈であって 他の人の解釈を否定していい理由にはならない ただの厄介なファンで こういうことを言える人間にファンって名乗ってほしくない ドラマはドラ...

      • anond:20180917063628

        こういう「読者様が100%偉い。原作の意図とか意味ねえ」という意見にはあまり賛成できないし、そういう人が「ファンの正しいあり方」を語るという構図はちょっとシュール過ぎ...

        • anond:20180921110238

          結局のところ、ファンがどうあるかなんて、ラブ・リスペクト・ラブ、が全てなんで、正解とかいいだした時点で不正解。ある行動が愛かどうかは判断できるが、究極的には愛に正解な...

    • anond:20180917045312

      本文全然読んでないけど テレビドラマはテレビドラマの作り方があるから仕方ないんじゃない?

    • anond:20180917045312

      ドマラしか見てないから何に怒ってるか全く理解出来ないし共感もできない 怒ってるセリフは 凄く共感できて感動したセリフでとても良かった いいドラマだよ 映画はこういう危ないの...

      • anond:20180917163806

        バカでもわかるように作られるのはテレビの宿命 そこは差っ引いて別物と考えるべき 原作と映画があったからよいものが作れたんだからいいんじゃない

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん