2018-03-17

瑕疵期間

昔、外注先との契約書を結ぶ打ち合わせでで、

外「瑕疵期間は半年です。」

俺「いや、一年は見てもらわないと困る。」

このやり取りが何回も続いていた。

最終的には外注先が「社内で相談します」となり打ち合わせは終了した。

しかし、その後契約関連でメールしても返事がこなくなった。

それでも、プロジェクトは走り出し納品を迎えた。

外「うち半期締めなんで、今月中に検収お願いします。」 ※その時点で残り3日しかない。本来は2週間取っていた

俺「いや、できないですよ。仮に先に検収したとして、そこで何か見つかったら対応するの?」

外「いえ、検収検収です。今月以内にお願いします。」

俺「おかしいでしょ、法務と上に話させてもらう」

上司いいんじゃない

俺「は?あん責任とれよ」

俺「上司がそういったんで。。。」

外「あざまーすwwwww」

数日後

俺「致命的なバグみつかったwwwww」

俺「おい、上司。もう俺いやだ。外と話せ」 ※ 元々、俺の反対押し切って、上がその外注先を選んでいた

上「え〜、わかったよぅ。同席くらいしてよね。」

外「検収されたので無理です」

俺「は、そっちが勝手検収短くしただろ、それに瑕疵もあるだろ。」

上「そうだそうだ!」

外「契約書も交わしてないので、何の保証もできません。」

俺「・・・・・・・!」

何かが切れる音がした

上(やば、あいつのこんな顔はじめて。。。)

上「あんたじゃ話ができない。社長呼べ。」

そこで打ち合わせは一旦終了となった。

そして、上司がようやく腰をいれて、対応してくれるようになった。

しかし、害虫先の社長は出てこない。

何度か害虫先と上司が話したらしいが、自分はもう同席しなかった。


俺「あの件どうなったん?」

上「もう無理、諦めた」

俺「は?契約結んでなくても、法律で返品半年、やり直し1年は言えるだろ」※バグ見つかってから必死法律勉強した

上「揉めるだけ損だから

こうして糞金かかったプロジェクトは、文字通り水に流され、やり直しとなった。


ながながと書いたけど、

害虫先も「見積もりは、コストを下げるため瑕疵半年にしてます。1年だったら追加でもらえないか?」って、相談すればよかっただけの話なんだよなー。

こっちも契約担当が連絡ちゃんと取ればよかったんだろうけど、2人で社内全部の契約書見てるから、あまり責められない。

一番はこんな害虫先を選んだ上司が悪いな。見つけてきたのも上司だし。

とにかく、出来ないで話を終えるのではなく、出来ないことの理由と実現するための条件を提示しないと、仕事は進まんな。

まー、契約周りの勉強できたからいいや。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん