2012-03-12

Twitterで揺れた友人関係

今日Twitterに関する利用で友達(以下、A)と大げんかをした。

私がツイートしていたとある内容が、暗にAを責めているのではないか、と言ったことだった。

私としては「誰」を特定してツイートしたわけではないが、Aからすれば「自分を名指ししているような内容」に感じた、と後で知った。


ここ最近Twitterでよく見かける炎上騒ぎ。

そのほとんどが、飲酒運転万引きなどの犯罪行為ツイートしたのが原因だ。

その背景に、TwittermixiFBと同じように考え、自分ツイートフォロワー友達しか伝わっていないと誤解している点がある。

誰かが言ったように、身内で呟いているつもりでも、外には筒抜け。鍵のない身内でのツイートは、逆マジックミラー号のような感じなのだ



私はこのような騒ぎからTwitter世界は【自分対見知らぬフォロワー】という固定観念勝手に作っていた。

しかし、それが逆に仇となった。



私が誰と特定したツイートでなくても、Aは「私のことを言ったんじゃないのか」と疑心暗鬼に陥ったらしい。

一度「このようなこと(疑心暗鬼に陥り、非常に不快な思いをしたこと)があった」という話をAからされたにもかかわらず、私はその場の話としてすっかり忘れてしまっていた。

そのため、そのようなツイートがが繰り返し重なり、Aは私を避けるようになり、私は友達の輪に入れなくなっていった。

なんとなくそのような態度に気づいていた私は、暗にAを指すような内容(友達の輪に入れてくれなくなった様な内容)をツイートしてしまった。(やっぱり学習していなかった……。)

すると、さすがにAも我慢ならなかったのか「何故このようなツイートを行ったのか、これは私のことなのか」というメールを送って来た。

(色々と割愛するが)結局電話で、自分の心ないツイートでAを傷つけたことを詫び、私の気持ちとAの気持ちをそれぞれ洗いざらい話しあった。

(その内容が、今書いてきたようなことである。)

Aとは仲直りをすることができたが、私は【Twitterの使い方をわかっているフリをしていた】だけなんだな、と改めてAに気付かされた。

先に述べたように、私のTwitterに関する考えは【自分対見知らぬフォロワー】だった。

私のことが嫌なら、勝手ブロックしたらいい。そう思っていたが、私のフォロワーの中には何人もの友達がいる。

友達ブロックするのには勇気がいるし、そう簡単にできるものでもない。もしもブロック一つで人間関係が壊れたら……。バカみたいだがそう思うこともあった。

そんな考えから、今回の喧嘩は起こってしまった。(のかもしれない)

顔を見合わせて話すことのできないTwitterからこそ起こってしまった喧嘩

私は遠くのフォロワーばかりを見ていて、近くにいるフォロワーを全く見ていなかった。

嫌ならブロックしろ、というのは結局遠くのフォロワーしか通じない言葉なのかもしれない。

この出来事を通して、改めてTwitterの使い方について考えさせられた。










友達プライベートアカウント管理しないとダメだね。

本当痛い目見たわ……。

  • http://anond.hatelabo.jp/20120312014746

    お前が出来てないのは別にtwitterだけの作法じゃねーよ。 「ネガティブなことは言わない(書かない)」っていう基本中の基本じゃん。 どうしても言いたいならよほど慎重に対象を明確...

  • http://anond.hatelabo.jp/20120312014746

    お世辞的やんわり発言意外は認めないってのは逆にコミュニケーションに対するネガティブ思考だと思う。 ネガティブなこと言い合っても攻撃にならずに辛い時はお互いに楽になる程の...

  • http://anond.hatelabo.jp/20120312014746

    ちょっと将来予測が違うな。 中国や東南アジアに工場が移転することで○の求人がまず減ってる。 次に工場だけじゃなく、最近は大企業の事務系の仕事も海外にアウトソーシングするよ...

  • http://anond.hatelabo.jp/20120312014746

    わざわざtwitterで微妙にぼかした愚痴や陰口を書くセンスが分からない。 そういう人時々いるけど、大体頻繁にトラブルが起こってさらに愚痴と陰口が増えていくよね。 面と向かって言...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん