2014-04-04

ずっと好きだった

ずっと好きだったんだぜ

君は今も綺麗だ

ずっと好きだったんだぜ

ついに言い出せなかったけど

言ってみたいです。言われてみたいです。

過去の想い出は美化されるとはよくいったものです。

どうしてわたしたちは言わずに叶わなかった不完全燃焼過去の恋を綺麗な想い出として残してしまうのでしょうね。

言ったところで叶ってなかったかもしれないのに。


わたしが中学1年生のときです。

進学して最初にできた友達の幼馴染みに一目惚れしました。

一生懸命近づいて、普通に話せる友達になりました。

二人きりで遊ぶような仲良しのお友だちになりました。

中学2年生の夏だったとおもいます

勝算は全くないのに私はうっかり告白してしまいました。

もちろん振られました。

私は「分かってたから気にしなくていいよ。でもこれからも今まで通り仲良くしてほしいよ」といった主旨のことをお願いしました。

お互いの性格もあってか、告白は無かった事になったのかな?というくらいに元通りの関係でした。友達も気がつかないほどに。

私はずっと諦めようと思っていました。

ともだちでいるほうが幸せだと。

けれど諦めることはできませんでした。

他に彼のことを好きだという女の子の噂を聞くたび、悲しい気持ちになっていました。

真面目に学校にいき適度に勉強をして普通に生きる私と対照的

遅刻を繰返し授業は抜け出し校則も守らなくなっていく彼。

遠くなっていく気もしました。

けれど家に帰ってからはよくメールをしていました。

変わらない彼でした。

中学3年生の6月、私は彼に告白されました。

メールでした。嬉しすぎて携帯を握りしめて泣いたことは今でも覚えています

まだまだ子供でした。

純粋で、不器用で、照れ屋でした。

お金もありません。

別々の高校に通うことになり、すれ違いが増えていきます

私はなかなか会えない寂しさから、彼に嫉妬して欲しくて色々な事をいいました。

高校1年生の秋、ついにお別れしました。

私は彼を嫌いにはなれませんでしたが、あまりに会えないことが耐えられなかったのです。

ずっと仲の良い友達雰囲気から抜け出せなかったのです。

手も繋がず、キスも無かった恋愛でした。

「もう冷めたの?」「そういう訳じゃないけれど色々と忙しくて、お互いのために別れたほうがいいのかなと思ってた」「そっか。じゃあ別れようか」

こんなやり取りだったような気がします。

仲良くしていてぶつかり合う事は無かったので結局彼の気持ちは分からないままでした。

その時の私は、絶対にこの人よりもいい人がいると思っていました。

すぐに忘れてしまうと。

けれどなかなか出会えません。

いつまでもいつまでも出会えません。

すこしいいなと思うひとがいても、どうしても彼と比べてしまいました。

彼が高校へ通う路線のバスを使うときには、いつもドキドキ彼の姿を探していました。

彼の近所へ用事がある時にも意味のない緊張をして、街でよく似た後ろ姿を見かけるだけで心臓ギュッとつかまれる感じがしました。

私が大学への進学が決まった頃、2年ぶりにバスで再会を果たしました。

心臓が止まるかと思いました。

髪の色が変わってだて眼鏡もしていましたがすぐにああ、彼だと分かりました。

目があった途端、昔と変わらない笑顔で久しぶり!!!と私の名前を呼ばれました。

冷静を装い、久々の再会をただ喜ぶ様子で、家まで隣に座って帰りました。

本当に変わっていませんでした。

当たり障りのない思い出話をして、あの子は何してるとか、あの人覚えてる?とか。

私たちが付き合っていた事にはお互いに触れませんでした。

わたしがふと携帯を取り出すと、そこにつけていたストラップをみて「まだこれ好きだったの!?」と笑う彼に、ずるい、と思いました。

どうしてそんなこと覚えているの、と。

わたしの好きな芸能人もまだ好きなの?と聞かれました。

覚えてくれてたんだ、と。ずるい。

その日から、1年くらいの間に4回ほど同じバスになることがありました。

こんどご飯でもいこうよ

一言誘わなかった事を本当に悔やみます

悔やんでどうするのかもわかりません。

誘ったところで叶っていたとも思えません。

私たちは二十歳をこえて、大人に近づいています

彼と別れてから2人の人と付き合いました。

1人目は高校の時、2人目は今も付き合っています

きっと彼もわたしのあとに誰かと付き合った事でしょう。

今の彼氏と付き合った事で、彼に対する未練はようやく軽くなりました。

本当に大好きで、幸せ毎日です。

けれどあんなに純粋に、長く、ただただ大好きでいられたひとは彼が最初最後です。

私は、大人になってしまいました。

彼は今、アイドル活動に近い事をやっているようです。

地元を離れ、都会へと引っ越しもしたようです。

彼がこのエントリーを見ることは無いでしょう。

あったらちょっと困るな(笑)

きっと気持ち悪いと思われてしまうね(笑)

辛いとき、寂しいとき、ついついあなたのツイートを読んでしまます

有名になれるといいなぁ、がんばってほしいなぁと静かに応援しています

売れても元カノだよなんて偉そうにはしません。安心してください。

ずっと好きでした。

あなたは変わらず格好いいです。

ずっと好きでした。

ついに言い出せなかったけど。

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20140404040813

記事への反応(ブックマークコメント)