2018-07-15

anond:20180715150838

https://www.google.co.jp/amp/s/wotopi.jp/archives/50367/amp

これは誤解している人がとても多いのですが、事実婚にも法律婚と同じように「貞操義務」があるんです。

以前、担当した案件事実婚をしていたカップルの、男性の方が浮気をして女性が訴えたことがありました。その場合男性の方が「事実婚なんだから浮気したって平気でしょ」と反論したとしても、こういう言い訳はまったく認められません。事実婚でも、相手浮気をしたらちゃん慰謝料請求ができます

制度面でも、法律婚事実婚ほとんど差がありません。健康保険公的年金といった社会保障制度に関しても、法律婚と同じですし、別れた場合も、法律婚夫婦と同じように財産分与請求できるほか、制約はあります年金分割請求できます

デメリットといえば、まず相続ですね。事実婚内縁)では、おたがいに相続権が発生しないんです。そのためパートナー遺産を残したい時は、「遺言」が必要です。ただし、遺言を残しても、パートナーの親や子といった法定相続から遺産要求されてしまリスクはあります

事実婚では、配偶者控除扶養控除といった税金優遇措置が受けられませんが、これは、パートナーがそれぞれ経済的に自立している場合はあまり関係ないですね。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん