2013-05-11

原発再稼働と世代間格差

2013年5月。いまだに日本国内の原発が動く気配はない。

核の力を利用した大規模発電所として作られた建造物は、

今のところ核のゴミ付きの巨大な建造物に成り下がっている。


世代へツケを押しつけないため、原発の再稼働には反対する、という人達がいる。

ちょっと前に坂本龍一が再稼働に反対してたのが報道されていた。

今も日本のどこかで、同じような活動は続いているはずだ。

まぁ気持ちは分からないでもない。あれだけの事故があったんだから


だがちょっと待てと。

世代にツケを押しつけないため、というお題目の下で、

原発を作り続けた老年世代は、若年層に色々なものを押しつけようとしている。

それが当然のごとくスルーされてるのが、ちょっとおかしいんじゃないかと思ったりしている。


老年世代は『次世代のため』という題目の下、税金原子力発電所という資産を作り続けた。

税金資産に変えること自体は悪いことではない。

だが、発電所というものは発電して初めて資産になるのであって、

発電できない発電所などというものは、ただのゴミ施設にすぎない。

発電できないようになった原因は何かと探ると、やはり老年世代の手抜きだった。

彼らが税金を使って作り、手を抜いて事故を起こした挙句、多大な資産をぶち壊した。

壊した資産というのは、原発本体に限ったことではなく

福島県を中心とした広範囲の様々なものだ。


若年層は発電所という資産と核のゴミとをセットで引き受ける、はずだったが

その資産老年世代が壊してしまった。

資産を回復させる、つまり発電所としての機能を回復させようにも、

やはり老年世代がそれを阻止している。


老年世代は核のゴミ施設を税金で作り、

ゴミ借金をまとめて若年層に丸投げしようとしている。


老年世代には次世代にツケを押しつけてはいけない、などという台詞を吐く資格はない。

世代にツケを押しつけるな、というのであれば

ゴミなり借金なりを処分してから死んでもらいたい。


東電社長なり保安院の偉い人なりの特定個人を責めるのも結構だけど、

そういうシステムを作ってきたんだろう。

そういう政治家を何十年も選び続けた責任くらい、世代全体で取ってくれと。


老年世代原発政策が間違っていたのなら、老年世代責任を取れと。

老年世代原発政策が合っていたのなら、老年世代は壊した資産を元に戻せと。


老年世代が次世代にツケを押しつけない、ということを考えると

その辺を実行してもらう必要があるわけだけども、

多分どちらも実行されないまま彼らは死んでいくんだろう。


若年層は、理不尽負担を押しつけられようとしていることに気付いてもらいたいなぁと思う。

自分自身最近考え始めたことなので

まり他人に言えた義理じゃないんだけども。


けれども多分、これからスルーされ続けるのだろう。

それが老年世代の力であり、特権なんだろうなぁと思うといたたまれない。

  • http://anond.hatelabo.jp/20130511100044

    年寄りには何にもできないから空威張りしてるだけ。 あの世に放射能廃棄物や汚染持っていく事もできまい。   あなたは結局年寄りに何がして欲しいのかさっぱりわからない。 搾取し...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん