2012-03-01

http://anond.hatelabo.jp/20120301091913

そのブクマを付けた本人ですが…、

元の内容を読むと韓国技術が高かったと言っているだけで、日本技術が劣っているなんて一言も言っていない。

むしろ、投資力で劣るのに対抗できていたと言っている。

「体力勝負で負けたのは否定しない。だけどな、装置があれば誰でも作れるというのは大間違い」

「最大の要因は、やつらの技術力が高かったことだと思う。というかうちの規模の会社研究開発で対抗できてたのがある意味奇跡。」

最近言われている話では、『過剰品質』とかも変な話だと言っていた。

現場レベルではコストダウン意識が高かったらしくて、

韓国メーカーが高性能化するために銅配線を使っているのを

コストダウンのためにアルミ配線で同等の性能を出せるように

設計を工夫したりしてたらしい。

この事から言えるのは、技術力で決定的な差が無くなったからこそ物を言うのは物量勝負、膨大な資本投下で1ターンキルって事。

サムスン韓国政府から支援を受けてるって話や、韓国政府が輸出企業を有利にするために意図的にウォン安に誘導しているって話も聞いたことがあるだろう。

経営力だとかイノベーションなんて関係ない、国が戦略的に潰しに来てるんだから企業がどれだけ頑張ったところで勝ち目が無いって事。

記事への反応 -

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん