2012-07-08

あるいじめ被害者の話

から5年ほど前、近所に住んでた女子高生いじめを苦に、マンションの屋上から飛び降り自殺した。

聞いた話じゃ物を隠されたりするのは日常茶飯事で、トイレ全裸にされてそのまま締め出されたり、

便器に顔を突っ込まれたり、お金を取られたり、とかなりひどいものだったようだ。

 

の子の家は母親が早くに亡くなっていて、兄妹は無し。近所の工場で働く父親が男手一つで育ててた。

親一人娘一人の家だったから、この娘が母親代わりに家事をしたり、近所のスーパーレジバイトをしてた。

俺は家が近所だったこともあって、顔を合わせることもたびたびあったけど、

いつも笑顔挨拶してくれるホントいい子だったよ。

 

そんな娘さんが自殺した後、父親の落ち込み様はひどくてね。

娘さんの自殺からひと月ほどしてからこの父親も首をつって死んだんだ。

当時は、「娘さんが自殺したショックで亡くなったんだ」と、みんな思ってた。

 

だけど、最近大津いじめの事件をきっかけに、この父親と同じ工場で働いてた俺の友人から

「今まで黙ってたんだけど」って話を聞いたんだけど、意外なことが分かった。

さっき書いたとおり、娘さんの自殺後、父親の落ち込み様はひどかった。

これに俺の友人や工場上司は、このままじゃ娘さんが浮かばれないから、加害者学校を訴えろって勧めたらしいのな。

あんな出来た娘さんが自殺して、親もここまで落ち込んでいるのに、加害者がのうのうと生きているのは納得いかないって。

工場社長弁護士を紹介するなど協力するって言ってたらしい。

 

けど父親は憔悴しきった様子で言ったんだそうだ。

娘がいじめられているにもかかわらず、それを自分遺書で記すまで打ち明けられず、全く気付けなかった。

自殺した当日も、娘はいつも通り笑顔で見送ってくれたらしい。

いつ遺書を書いたのか知らないが、そんなそぶりは全く見せていなかったようだ。

そんな自分馬鹿さ加減が許せないと。

 

そしてもうひとつ、「自分中学生の時に同級生いじめ自殺に追い込んだことがある」って。

その父親の話じゃ、父親やその友人たちは中学生の時、同級生の子トイレで裸にしたり、

誰かと無理やり喧嘩をさせるとかしてたけど、それはあくまで悪ふざけのつもりで、

まさか自殺するとは思ってなかったそうだ。

 

正直、自分が悪いとはその後も思うことはなかったそうだけど、娘さんが生まれ、育ってくるのを見て、

自分もひどいことをしていたな」と罪悪感を覚えるようになっていってたらしい。

 

で、その矢先、娘さんに自殺されてしまったそうだ。

娘のいじめに全く気付くこともできないまま。

 

父親は、

自分が昔いじめをしてたせいで娘が被害者になってしまったんじゃないか

自分の罪の報いとして娘を奪われてしまったんじゃないか

自分のせいで娘が死んだ、と俺の友人や上司に泣きながら打ち明けたそうだ。

 

友人たちは、「それは関係ない」っていったけど、父親は最後まで納得した様子はなく、

その翌日から出勤しなくなり、そしてひと月ほどたって首を吊ってしまった。

遺書はなかったそうだ。

 

5年たって初めて聞いた友人の話。

俺も友人同様、娘さんの自殺が父親のいじめのせいだとは思えない。

しかし、父親は自分を許すことが出来なかったんだろうな、とも思う。

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20120708012031

注目エントリ

記事への反応(ブックマークコメント)