2017-07-17

https://anond.hatelabo.jp/20170717013745

市町村合併の最大の罪は地方のカッコイ地名をことごとく消し去ってダサい名前にしてしまったことだよな。

うちの地元山梨県ではないけど、車で通るたびに「この地名カッコイイな」と思ってた地域市町村合併のせいで全滅した。

合併とき市区町村住民を交えた話し合いをする会議を公聴したけど、平たく言うと「片方の地名だけを残すと不平等」とか「住民同士の諍いをなくすためにも全く新しい名前が望ましい」みたいな結論になった。

都会っ子にはわからいかもしれないけど、ど田舎では未だに小さな集落同士の感情的対立があって、特定地域出身者を激しくヘイトする文化が残ってたりする。

郷土研究はしてないのでよくわからないけど、知り合いのじーちゃんばーちゃんの話だとすげえ昔に水争いがあったとか、明治維新の頃にどっかの兵になったとかそういうのがまだ続いてるらしい。

市町村合併地名が消えることでそういう地域ごとの負の歴史を綺麗さっぱりなくしてしまうというのもいいのかもしれないけど、そのために対外的にカッコイ地名も捨て去るというのはどうなんだろうと思ってしまう。

少なくともその地域に住む若い世代は進学のためにあっさり敵対地域学校に進学したり、家賃地価引っ越したりとかしてるんで、カッコイイ方の地名で残しておけばよかったのになあと、ダサくなった道路標識地名を見るたびに思う。

記事への反応 -

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん