2016-08-10

高いプライドにどう向き合えばいいのか

一昨年に博士工学)を取って今はポスドク


最近自分プライド邪魔をしているせいで何かしらうまくいかないと思うことが多々ある.

自分の専門やその関連分野についてはかなりの知識があるということは

客観的に捉えても正しいというところまではいいと思う.

しかし,今のご時世においては国際化や連携といったことが強く求められ,

必ずしも自分の得意ではない分野においても,さも得意であるかのように振る舞うことを求められることが多い.

# 分からないのに装えというわけではなく,一から勉強してその分野にも強くなれということ

特に30代前後研究者テニュアと呼ばれる生涯が保証されるポスト

得るためには,とにかく様々な業績を上げる必要があり,そのためには仕事を選ぶことなどできない.

ここで問題になるのがプライドの高さだ.


修士から博士の5年間によって,一般的問題解決能力は鍛えられたとは思う.

その恩恵として,同じことを一から始める場合でも,ある程度ものになるまでの

時間は短いという感じはしている.

しかし,未知の領域においては自学自習で完結させるのは

やはりどうしても時間必要になってくるため,

早く仕上げるということを考えると誰かに非常に初歩的な質問をしなければならない.

頭ではそうすればいいというのはわかっているのだが,

どうしてもそれをすることが出来ない.あるいは妙な葛藤があり結果として時間を浪費する.

おそらくこれは自分プライドが高いことが原因だと分析しているのだが,

どうすればこの高いプライドと折り合いをつけて,

効率良く業務を回すことができるのだろうか.

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん