2013-06-16

http://anond.hatelabo.jp/20130613154103

幸せになるのも不幸になるのも生まれたことが原因ではない。

どう生きたか、どう感じたか幸せか不幸かが決まるものである

自分で言っている通り当人の主観である

 

でも生まれなければ、不幸にならないじゃないか!と言われればそのとおりだが

それを言い出したらキリがない、生物誕生しなければ、地球がなければ、宇宙がなければ・・・

 

幸せか不幸かは、どう生きたかどう感じたかで決まる以上、全てが自分責任である

不幸だからといって、自分以外のせいにすることこそクソである

責任転嫁も甚だしい。

 

苦痛が多いからといって不幸ではない。

 

生まれたことによって負うものとして『死』があるが、『死』=不幸ではない。

でも、不幸な死は存在するが、それもその人が、どう生きたか、どう感じたかで決まるものだ。

 

よって、子供を生むことは全くもって悪ではない。

 

世の中に生まれた物は全て、生み出された物の都合とは関係なく生み出される。

生み出したものは、生み出された物がどうなるかについて本来は全く責任なんて無い。

ただ、結果が悪い要素を含む場合、どこでなら止められたのか?という点に

感情押し付けているだけのことである

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20130616222956

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん