2021-03-02

【疑問】優秀な人から順に昇給させることは差別

職場で沸き起こった疑問。採用や昇進・昇給などで、優秀な人を上から順に選ぶことは差別だろうか?

何が起きたか背景。システム開発系の職場で、業界構造的にほとんどが男性エンジニアである

給与査定では当然それまでの成果や今後の期待を込めて査定するわけだが、

たまたま昇給する上位陣が男性ばかりになった。

ほとんどが男性職場ということもあってこれは確率的に普通に起こり得ることだと思うが、

査定に関わるとある女性社員が「これは女性差別ではありませんか?」と声を上げた。

もちろんそんなつもりは無いので「そういう意図はありません」としたものの、どうしても不服なようで、

他のメンバーが渋々承諾し、昇給額が少なかった女性メンバー昇給額を上げようという話になった。

しかし話はそれで終わらなかった。査定に関わる別のメンバー

女性からといって優遇していませんか?男性社員男性というだけで昇給しにくくなるのですか?」と批判した。

その後様々な意見があったが、結局、全員同一の微々たる額を昇給ということになった。

華々しい成果を上げた男性社員も、ほとんど成果を出していない女性社員も同じ金額だけ昇給

そこで疑問。優秀な人を上から順に昇給させることは差別につながるのですか?

昇給だけではなく、採用や昇進についても同様の問題が出始めています

このままだと華々しい成果を上げた人が評価されず、弾性というだけで後ろ指を指される会社になってしまます

皆様のご意見よろしくお願い致します。

  • いわゆるピーターの法則とは逆に現場で上手く出来ないやつから管理職に上げていけばどうなるだろうと考えることがある

  • また釣り創作?

  • なんで同僚の昇給レベルを知れるの??

  • だから世界的にはもう学力や運動能力で差別することもやめようという話になる。アメリカの少年スポーツ大会ではもう順位をつけない

  • 戦わなきゃ!現実と!!

  • アメリカの警察はご存じの通り、人種差別に基づく先入観を隠そうとしない。 しかし仮に先入観を排したとしても、逮捕した犯罪者は黒人をはじめとする有色人種に偏るかもしれない。 ...

  • そりゃ何をもって優秀とするかだろ。 まず全く同一の活躍機会が全員に与えられてるかどうか。 ふつうはそんなことはない。案件によって簡単で効果をあげやすい「派手」なものと 複...

  • 差別って未定義な範囲を勝手に現場が評価担当でも管理担当でもないのに定義づけて利益誘導することでありそれによる不利益が差別なんだよ だれも性別で差がつくなんて言ってないん...

  • 成果に対して平等な評価を行えって話だよな。 成果10を上げた人間が1昇給して、成果1の人間がやはり1昇給する状況だと前者は同じ昇給を得るために後者よりも不当に多くの労働を強い...

  • 女性差別の話なのか実力による話なのかぶれてないか?

  • エンジニアが大切な職場でそんなことしてるとエンジニア逃げるよ 今の時代優秀なエンジニア>>>>>>>>>>>>>>>>>>>文句しか言わないオバサンなんで、 女性差別とか...

    • だなw俺がそんな職場に居たら秒でやめる自信しかない。今の時代エンジニアは引く手あまただからそんなクソ会社に付き合う義理は無いって気持ちになるだろうな。 このての人達は社...

  • 審査の基準がブレてるんだから差別関係ないですよ 仮に女性差別だと言い出すのなら本来は「○○という女性社員も活躍をされていたのですが、ここで評価されてないのは何故でしょう...

  • さすがに嘘松すぎるだろ 正気か?

  • 差別である。それは否定しようがない。   問題は差別したほうが効率的であり、差別しなかった会社は滅びるということだ。   つまり、「差別か否か、平等かどうか」で判断すること...

  • 男女関係なく賃金に差があるのが差別なんだからまずそこを恥じろよ……

    • 能力が高いものが高給で低いものが薄給であるのは仕方ないだろう。 とくにエンジニアは能力や生産性を問われる職種だしな。

  • 「優秀な人」っていうように人格に対して評価すると、そこに差別が混ざってくるリスクあるんで、具体的な成果を評価するのがコツなんだよ。成果に男女差はないから。

  • いちばん高給取りになってまうやん🐈

  • 問題はそれを納得させられていないということであって、その昇給が実は本当は偏っていたのか、それとも不当だと感じる人の方が偏っていたのか。どちらか。

  • まぁプロダクトで判断するにしても 女性はそもそも重要な仕事を割り当てられなかったりしちゃうからなぁ

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん