2019-05-05

労働組合から作ってみると面白いかもしれない

anond:20190503203707

この話なんだけど、「一から労働組合作る」話にすると、面白いのかなという気がする。

部活動モノとかで、廃部寸前の部活動を立て直すために、周囲の有能な人材を説得する」っていうストーリーあるじゃない。

元々労働組合って2人から作れるんだよね。だから、そこらへんを盛り上げることができる。

最初は「労働組合なんて左翼のお遊びだ」みたいなことを言ってたやつが、自分の妹が過労で倒れて、一緒に戦うとか、熱い展開じゃない。

他の増田も書いてたけど、「無実の罪を着せられた主人公復讐もの」みたいな感じでいい。

段々主人公たちの労働組合が力を付け始めるんだけど、もともとその企業には御用組合がいる。

それなりの規模の企業になると、労働組合みたいなのが必要になるんだけど(三六協定とかその辺りの絡み)、この御用組合マジで労働者のためには無能で役に立たないくせに、主人公労働組合を潰そうとしてくる。

なんで、主人公たちがどうにかする。この辺りとか少数精鋭のなんかめっちゃ強い奴が大軍を打ち負かす、とかそういうの盛り上がるし、いいと思う。

で、ライトノベルを読む層ってのは、自営業の人も多い筈なので「ホワイト企業にするとこんなに業績が上がってハッピー」みたいな話も入れる。

最初は難色を示していた社長も、ホワイトになって、業績も上がって、有能な人材も入ってくる。ニッコリ、みたいな。

段々主人公労働組合ウゼーみたいに思っていたけど、彼らの言うことを聞いて職場改善したほうが、企業のために気づく、みたいな。

そうすると、労働法準拠して頑張っている自営業の方にもアピールできる。

みんなホワイト企業幸せ労働環境給与も爆上がりでいいこと尽くめでした、めでたしめでたしシメ

理想化しすぎだろって?エンターテイメントなんてロマンスだ。理想化してナンボだわ。

記事への反応 -
  • 社畜が会社を訴えるラノベや漫画が出てこない

    泣き寝入りしてるだけ。 これはね、よくないよ。 教育上よくない。 未成年の喫煙や飲酒が規制されるのにこういった表現が規制されないのは理解不能。 団結権を行使したり弁護士に頼...

    • 「労働組合」から作ってみると面白いかもしれない

      anond:20190503203707 この話なんだけど、「一から労働組合作る」話にすると、面白いのかなという気がする。 「部活動モノとかで、廃部寸前の部活動を立て直すために、周囲の有能な人材...

    • anond:20190503203707

      未成年の喫煙や飲酒を訴えるような漫画もラノベもないんだから お前が出してほしいような作品もいらないだろ

    • anond:20190503203707

      仕事人や池井戸的なエンタメとしてなら需要ありそうだが監修大変そう

    • anond:20190503203707

      星降る夜は社畜を殴れとかクラスルームクライシスは違うんかな

    • anond:20190503203707

      ラノベの現場がブラック社畜だからなんか遠回しな上司批判みたいになっちゃうんじゃね?

    • anond:20190503203707

      漫画家がひどい編集者を告発するみたいなのはあったけど反論出されてうやむやになっちゃったね。

    • anond:20190503203707

      現代版必殺仕事人・・・ ブラック企業に捕まった社畜の依頼で強欲経営者を始末する・・・みたいなのあっても良いと思うに、それが作られないのは何故か・・? 理由は簡単。上級国...

    • anond:20190503203707

      マーダーライセンス牙で描いてもらおう

    • anond:20190503203707

      これ、ハリウッドの「無実の罪を着せられた主人公の復讐もの」のフォーマットが使えると思うんだよね。 従業員が金持ちに復讐する強盗ものみたいな内容だと、コメディっぽい作品で...

      • anond:20190504162247

        日本の左翼もマイケル・ムーアみたいな映画作るパワーがあればな

      • anond:20190504162247

        反戦軍隊映画によくある「無能で私利私欲の塊で部下の命を犠牲にする上官に反抗する主人公」も使えそう ボトムズでやってたけど

    • anond:20190503203707

      マジレスすると、一和姦ケツで一杯あると思うんだが あ、一話完結で

    • anond:20190503203707

      1990年代当時、竹熊健太郎&相原コージの『サルでも描けるマンガ教室』で解説していたことだが、「サラリーマン漫画」の王道展開は 平凡な下級社員がなぜか直接に社長とか偉い人とコ...

    • anond:20190503203707

      普段あれほど騒いでいたはてなー達が揃って「でもそんなの漫画で読んでも面白くないし」と冷めているの笑うわ。 なんなんだろうなコイツら

      • anond:20190504185023

        「揃って」・・・? 「はてなー達」とやらを貶めるためなら平気で嘘をつく なんだこいつ

      • anond:20190504185023

        都合が悪くなると「一人一派」メソッドを持ち出すw

    • anond:20190503203707

      ミナミの帝王の萬田はんはカネにまつわるお困り事をあまり知られていない法律知識を教えて解決するのが得意技なんですな。もちろんブラック企業の社畜に法的手段で会社に立ち向か...

    • anond:20190503203707

      「オタク文化」って喧嘩もロクにしたことない チキン野郎の逃げに逃げた果ての世界だぞ? そんな連中が出版社のオラついた高学歴に逆らえる訳ないじゃんw   これだけ明るみになっ...

      • anond:20190504185952

        オタクの人ら、70年代から内でも外でもひたすら喧嘩してる連中のあつまりなんですが…。 宮崎駿や高畑勲が組合作って労働争議やったり、庵野秀明らがアマチュアから商業業界に無理...

    • anond:20190503203707

      標的の島

    • anond:20190503203707

      それ売れんの?

    • anond:20190503203707

      だって労働基準監督署に持っていっても、勉強だと思って(ニッコリっていう負け確定のリアルだし(実体験)

    • anond:20190503203707

      脱サラして何かする漫画や小説なら死ぬほどあるじゃない。   結局ね、自分が社畜である責任って、わりと自分にあるんで。その責任を会社にだけ持たせるストーリーじゃあ、うまいこ...

    • anond:20190503203707

      出版業界が完全ブラックだからな

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん