2019-02-12

anond:20190211135211

16世紀半ばの戦国時代の末期にマカオからポルトガル船が九州各地に来航していわゆる南蛮貿易が始まると、おそらくは中国産砂糖安定的供給されるようになる。最近ポルトガル船の積み荷の研究によれば、年間150キロ前後砂糖が輸入されていたという。

 江戸時代に入ると17世紀から18世紀初期にかけて福建省から琉球奄美黒砂糖の製法が伝えられ生産が始まった。しかし白砂糖や氷砂糖は、18世紀末の寛政年間に国産砂糖上方市場に登場するまで、長崎に来航する唐船(中国本土東南アジアからの来航船)とオランダ船(東南アジアから来航するオランダ東インド会社の船)による輸入に依存していた。

 長崎貿易により輸入された砂糖は、国内商人落札された後、船で大坂道修町の薬種問屋へ運ばれ、さら堺筋町の砂糖仲買によって江戸をはじめとする全国に運ばれていたという。

記事への反応 -
  • 日本料理のうまさ=砂糖の甘さ

    肉じゃがも高野豆腐もぜんぶ砂糖 うどんつゆの作り方にも砂糖と書いてある 砂糖をバンバン使えなかった時代の日本料理はきっと激まず

    • anond:20190211135211

      16世紀半ばの戦国時代の末期にマカオからポルトガル船が九州各地に来航していわゆる南蛮貿易が始まると、おそらくは中国産の砂糖が安定的に供給されるようになる。最近のポルトガル...

      • anond:20190212003217

        オランダ船にとって砂糖は当初は船の積み荷のバランスを取るバラスト(重り)商品に過ぎなかったが、17世紀に台湾やジャワ島へ多くの中国人資本・技術・労働力が移転したことにより...

        • anond:20190212003333

          出島オランダ商館の医師であったドイツ人ケンぺルによると、元禄5年(1692)の京都における輸入白砂糖の小売価格は100斤(60キログラム)あたり140匁(現在の貨幣にして1キログラムあた...

          • anond:20190212003358

            酒や本みりんで甘みを出そうと試行錯誤しても客からは不評でけっきょく砂糖を加えるのがシンプルで確実なんだ

    • anond:20190211135211

      そして砂糖は肥満の元であり、歯にも悪い

    • anond:20190211135211

      あまああああああああああああああああああああ

    • anond:20190211135211

      確かに味噌汁と納豆とご飯だけでは物足りないな

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん