2018-05-01

外国人技能実習生福島原発で働くことについて

福島第一原発内で、外国人技能実習生が働いていたことが批判されているけど、これの一体何が悪いのだろうか。

事前に実習生たちに説明していなかったことは会社側の不手際なんだろうけど、問題はそれだけだよね。

そもそも技能実習生とは、先進国日本しか学ぶことが出来ない仕事をすることによって技能を身につけて、本国に帰ってもらって、本国で役立ててもらうという趣旨だ。

今後は東南アジアなどの発展途上国でも原子力発電所建設運用が増えていくわけだし、日本で起きた原子力災害の復旧の仕事をやってもらうことは、大きな意味があるんじゃないかな。

発展途上国における原子力災害は近い将来、必ず起こりえる話であり、他人事ではないはず。

日本福島原発における原子力災害のの復旧工事ノウハウを、本国に持ち帰ってもらうわけだから実習生だって納得するはず。

それとも何だろう? 福島原発技能実習生を働かせることは危険だし人権問題だと考えているのだろうか。

その理屈だったら、日本だって福島原発で働いているし、日本人だけが危険さらされなければならない正当な理由は無いし、差別だろう。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん