2016-10-27

化粧は「プライベート行為」ではない

そもそも私は化粧がプライベート行為だとは全く思っていない。

逆でしょ、思いっきり「社会人として」の「公的な」行為でしょう。

これだけしつこく、社会人たるもの化粧しろと言い聞かされているんだから、全く持って社会的行為だと思うんだよね。

化粧はどちらかというと「会社制服に着替える」のに近い。

私にとって電車の中はあくま私人としての時間だ。だから眠ったり文庫本を読んだりスマホゲームをやったりもする。勤務時間中にはやらない事でも電車の中ではできるんだ。

通勤中も「社会人(会社人)」だというなら通勤時間も勤務時間に入れろ、給料を出せ。

まあ着替えそのものとは違うな。着替えと違うのは、下着姿で出歩かないけれどすっぴんでは出歩けるということ。

服装で言うなら、ブラウスワイシャツは家から着てくるけれどスーツの上着は外で羽織るみたいなものかな。

顔を洗う=下着を着ける、化粧水美容液をつける=ブラウスワイシャツを着る、化粧をする=上着を羽織る…みたいな感覚

これはまあ、休日でもすっぴんで出歩かないという女性も世の中にはいるんだろうけど私は違う。

自分の素顔を見せる事は何ら恥ずかしい事ではないし、化粧をしている過程を見られるのが恥ずかしいとは思わない。

だって「化けている」意識なんてないものな…化粧したってそんなに変わらないし

化粧しているのを見られるのは恥ずかしいでしょう?って言われるのは

上着を羽織る場面を見られるのは恥ずかしいでしょう?って言われるくらいに違和感がある。いや服は着てるし。裸でも下着姿でもないし。恥ずかしくないよ。

すっぴんが恥ずかしくて、化粧して「化ける」という意識がある女性なら恥ずかしいのかもしれないけれど少なくとも私はそうではない。

みっともないっていうなら化粧済みの顔でも十分みっともないし人様にお見せできる顔じゃないわ。ブルカを被って通勤したいくらい。

すっぴんや化粧中はみっともないけれど化粧済みならみっともなくないっていう、その概念がどうにも理解できないのだ。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん