2015-07-18

自己肯定感が薄い

なぜみんな生きていられるのだろう。

自分はいつも「あの人より劣っている」「あの人に負けた」「あの人より価値がない」ということばかり考えてしまう。

から落ち込まないように、努力して「あの人より自分の方が優れている」「あの人に勝った」という状況を作って

自分はあの人より価値がある。だから生きていていいんだ。」と思うようにしている。

でも、この世には数え切れないほど人がいて、自分より優れた人だらけなのだ

それはもちろん分かっている。でも、認めたらもう自分は生きていけない。

あの人より劣っている自分には価値がない。

あの人より劣っている自分が誰かに愛されるわけがない。

あの人より劣っている自分が、誰かを愛していいわけがない。

あの人より劣っている自分は目立っちゃいけない。

そんなことばかり考えているから、毎日毎日泣きたくなる。

でも、生きるために努力して、少なくとも周囲の人よりは優れた価値のある人間でいたいと思っている。

でももう限界だ。自分より優れた人は次から次に現れる。

私という勇者は、このRPG覇者になることはできない。敵が多すぎるし、敵が強すぎる。

覇者になれない勇者なんて、なんの価値もないだろう。

自分から見ると、価値のない人っていっぱいいる。

その仕事の出来なさでよく生きていけるな。

その容姿でよく恋愛できるな。

その体型で生きてて恥ずかしくないの。

その財力でよく人前に出られるな。

あの人たちはなんで平気な顔をして生きていけるのだろう。

生きる価値のない私以下の価値の人たち、なんで死なないの?

生きるってなんなんだろう。苦しい。

トラックバック - https://anond.hatelabo.jp/20150718165400

記事への反応(ブックマークコメント)

人気エントリ

注目エントリ

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん