2011-09-24

アンフェア the answer 』にもフジ韓国推し

アンフェア the answer 』を鑑賞してきた。

ちなみに私はドラマ版もオンタイムで観てきたし、前作の映画だって劇場で鑑賞した。

アンフェア』はたぶん、前回の映画で終わらせる予定だったと思う。

ここ最近フジ映画化できるドラマのヒットがないことなどから企画された作品だと私は思っている。

一応まだ残っている謎である警察裏金ネタを絡めてはいものの、メインネイルガンを利用した連続殺人事件。

これまでの『アンフェア』とは明らかにカラーの異なる猟奇殺人ネタにしたことで、

多くの観客がどうやら困ってしまったのではないか

また描写がちょっとあれで、猟奇殺人の描写が韓国サスペンス映画をパクってる感じは否めなかった。

オールドボーイ』とか『チェイサー』とか『悪魔を見た』とかあのあたり。

猟奇殺人犯ありがちな暗くジトっとした部屋の雰囲気とか、

雪平が犯人に頭を殴られて、引きづられるんだけど、頭の流血が床に残る演出とか、これも韓国映画で観たことがある。

このあたりの作品に免疫のない人、ドラマ版の『アンフェア』が好きな人

ハリウッド超大作や本作のようなテレビドラマ映画しか観ないような人には若干キツイ描写だと思う。

韓国焼肉店で食事するシーンもあった。

あんまり思いたくないんだけど、やっぱりフジ韓国推しが関係あるのかなと思ってしまったり。

まあ看板こそは『アンフェア』であれど、中身は韓国サスペンス映画を参照した映画という印象である

そもそも『アンフェア』自体は連ドラで完結しているものと個人的には思っていたし、

今さら復活してもっていうのもあってハードルは低かったが、それなりにシナリオに工夫はされてたなと。

あと、やっぱり篠原涼子がすごくいいので、それだけでもそこそこ楽しめる作品とはいえるのでは。

個人的にはちょっと今気になってる子とデートできたのでまあよしとする。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん