2020-01-24

マッチングアプリもいったん落ち着いた気がする

最初は割と本気で相手が欲しい人がちょっとずつ始めて、

そこで付き合った、結婚したみたいな話をちらほら聞くようになる。

マッチングアプリ出会ったんだよね」って仲の良い友人には言えても

そうじゃない友人にはちょっと濁して「食事会で出会って...」みたいな。

しばらくすると友人がマッチングアプリ出会ったとかで

自分もやってみようとか、その人に勧められてみたいな感じで

利用者が増えるようになる。成功事例もそれなりに聞くようになる。

と、同時に「マッチングアプリはヤレる」みたいなのが混入してくる。

「30代前半で焦ってそうなやつに年収盛って小綺麗にしてれば楽勝」みたいな。

そんなやつほど真面目に結婚相手を探そうとしている男性よりもモテるもんだから

全然マッチングしない男性」「騙されて遊ばれた女性」が増えてくる。

そうなると「何だマッチングアプリなんてろくなやつがいない」となって、

一時的利用者が減る(か横ばい)になる。これが今の状態

何なら某ブログ効果とかで今は「結婚相談所は絶対独身しか居ないし結婚できる」

みたいな流れになっているかもしれない。

Google Trend見てると街コンとかも2012年に一気にブームになって、そこから少しずつ下がってきている。

マッチングアプリ2017年くらいからジワジワ伸びて去年の前半が1回目のピークだった。

結婚相談所は2011年に上がって街コン流行と共に下がったけど今は微増している。

ここから市場を取れるかどうか、もっと言えば結婚したい男女がどこに集まるかは

より多くの身近な成功談と、信頼性の確保になるだろう。

  • anond:20200124163121

    いろいろなサイト、アプリに課金した男性側目線で言うと、女性の水増しが増えた気がする。いわゆるサクラ。 特に、アプリ型で、マッチしない限りアクションの取りようがないものは...

  • anond:20200124163121

    恋人ほしくてやってたけど、労力かけないで恋人ができるほどの人間じゃないうえに、労力かけるほど恋人が欲しいわけではないことに気づいてやめてしまったよ…

  • anond:20200124163121

    冷静じゃん

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん