2019-06-23

結婚に対する消極的な態度

結婚できない自分について考えてみる。

ある人は、結婚しない人は人と合わせられないからだめ、みたいなことを言った。

自分よりもひと世代くらい上の年齢の人の発言だし、そういう価値観もあるよな、と納得するふりをして、とその場はなんとか平静を装って話を合わせた。

内心は、世間の少なからぬ人からそういう風に目されることが今後は増えていくんだろうな、と空恐ろしかった。

結婚に憧れはあるけれど、自分に起こりうることとして考えることができない。

自分結婚している未来は全く想像できない。

自分には魅力がないと気づいてしまったせいもある。

自分空っぽ人間だと最近よく感じる。

教養ユーモアもなく優しくもなくネガティブ、歳だけとって、どんどん自信がなくなってきた。

かに好きになってもらえるような人間ではない。

自分が誰かを幸せにできるとは到底思えない。

価値観趣味、嗜好、生活水準など、条件的に合う相手を見つけて結婚する?

価値観に関しては、頭のてっぺんからつま先まで合う相手が見つかるはずはない。

その価値観のズレを軌道修正しながら、相手と、相手家族を含め、うまくやっていくことはできる?

結局お互いが不幸になるだけなのではないか

そう考えると怖い。

結局相手人生にそこまで責任を負いたくないというだけのことかもしれない。

からといって、自分には無理だと結婚消極的な態度をとって、変人認定されたり、まだ諦めるなよ大丈夫からとか何の薬にもならない慰めの言葉をかけられるのはとても面倒くさいしいたたまれなくなる。

から結婚積極的ポーズをとる。

でもそれも最近疲れた

  • anond:20190623111525

    箸の使い方が変な人はそれだけで育ちが悪いからと避けてもいいけど、結婚の有無で柔軟さを判断してはいけないってのも、まあ大概無理があるよね

  • anond:20190623111525

    結婚してないから駄目なんてことはないけど、結婚しているひとはこういうことをえいやっと乗り越えたことあるんだろうって面はあるのかも。 昔はそれがひとつの試金石だったんだろ...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん