2019-05-16

コミュ力の無さに容赦の無い日本

友達主婦の傍らずっと調理場関係パートをしている。どこに行っても真面目な控え目な人柄で好かれ、退職職場の閉鎖や事業の縮小といった本人とは関係の無い理由ほとんどだ。

今はどこの飲食店でも求人貼り紙があるし、友人なら選び放題だと思うのだが、意外にも職探しが難航しているらしい。

話しを聞いたら、友人は調理は好きだが接客は苦手だとのこと、カフェ弁当屋などの求人ほとんど接客有りで、それ以外だと社食やら給食のおばさんに限られて、100人分くらいの鍋をかき混ぜたりサウナ状態で早朝から働いたり、体力的にも難しくなってきたとの事。

まあ彼女は感じも良いのでレストランとかの求人で来たら接客も頼みたくなるだろうなとは思うけど、これってプログラマクライアントとの打ち合わせとかも頼んじゃうのと同じじゃないかなと思った。

なんかもったいないよな。誰だって得手不得手はあるし、雇う側が専門職に集中できる環境を用意すればいいのに。

なんか日本て「でもコミュ力が無きゃ駄目だよね」みたいのを枕言葉にして専門的な能力否定するようなところがあるような気がするんだけど。もったいない

  • anond:20190516141216

    カフェや弁当屋で調理と接客をわけて人雇う余裕があるわけねーだろ

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん