2019-03-24

生き方が下手

私は子供の頃から普通の人なら考えないような些細な事に引っかかってきた。

なぜ学校に行かなくていけないのか

なぜ勉強しなければいけないのか

なぜ結婚して家庭を持つの

なぜ世の中は偽善で溢れているのか

なぜ飲み会でお酌しなければならないのか

なぜ誰かに言われた何気ない一言いつまでも引きずってしまうのか

なぜこんな事をいちいち考えないと生きれないのか

上手な生き方を知りたくて

自己啓発本をいくつも読んだ。

そこに書かれてたのは、「考えすぎ」「気の持ちよう」 「何事もポジティブに捉えよう」

要約すれば「気にすんなよ」的な私からすればクソみたいな内容だった。

就職活動中に上手くいかなくて、担当先生

なぜ就職しなければならないのでしょうか?

と聞いたことがある。

そしたらお前は、お金が無くて生きていけるのかと聞かれて

それは無理ですね、じゃあ面接お金の為ですって答えていいですかと言ったら呆れられた。

一度面接で、貴方はどこにも採用されないよと言われた。

採用されないなら私はいらない人間ですか?

では私はなぜ生きるのですか?

質問したら、出て行って下さいと言われた。

私は生きるのが下手くそらしい、

そんな自分が嫌で自分を偽って生きてみた。

結局生き辛ささから解放されなかった。

最近は半ば諦めてそれが自分なんだと思い

死ぬまでそんな自分の良い意味でも悪い意味でも私らしさと共に生きていこうと思う。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん