2019-03-18

妻をなんとな~く気持ち悪いと思った話

先日、妻が何年振りかに会う友人たちと食事に行った際、ほどほどに値段のする食事をご馳走になってきた。(※奢った人は家庭持ちの男性1人、奢られたのは妻と友人1人)

その男性と妻たちはもともとバーの客と店員という関係で、お金を使う使われると言う関係抵抗がなかったのだと思う。

「人に奢るのが好きだ」「そうやって交流を得るための投資みたいなもの」という理由理解出来ているが、ただなんとな~く気持ち悪かった。妻の「奢ってもらえてラッキー」と言ったテンションだったのが余計にそう思わせた。

本来そのお金男性の家庭に還元されるべきお金だったと思うし、いくら男性お金持ちだろうが、自由お金の使い道を決められる家庭のシステムだろうが、やはりそこは対等であるべきなんじゃないかと思ってしまった。男性と妻たちはすでに客と店員ではないし。

自分にとってはそのお金の出元は道端で拾ったお金と同じように見えて、汚い、じゃないが、「嬉しくないお金」に感じた。妻もお金に対して清潔感のようなものがあると思っていた分、なんか意外だった。(親しくもない人からの贈り物やお金慈善団体寄付するなどしてきた)

たとえその男性が自分との共通の友人でも、この感覚は変わらないと思う。

コジキや集り根性っていうと違うけど、友達感覚他人を財布のように言った所が気になったのか?

起きた事象理解は追いついているが、なんとな~く気持ち悪いと思った。

嫉妬も込みだと思う。自分精神的束縛なのかな?

  • anond:20190318173901

    もちろん男性側も奥さん側も否定はするだろうしそういう意図ではないにしろ、男女の関係への期待みたいなものを感じるから、という理由は無いのかな? 「ご飯を奢ること」と「奢っ...

  • anond:20190318173901

    男に奢って貰ってる女がお金ケチる男はどうかと思うみたいなこと言う一方で その男が後半に奢ってると分かると憤慨してるのを見たことがある 結局バカな女は自分が得することを歓...

  • anond:20190318173901

    スナックのホステスと客の関係なら客に食事ご馳走になるとかは地球に大気が存在しその中で我々が暮らしているのと同じ程度には当然必然の事象だが

  • anond:20190318173901

    「奢ってもらえてラッキー」って自分が金に困ってないと出て来ない発想だと思うんだけど、家庭の経済状況ははどうなの?

  • anond:20190318173901

    「妻が気持ち悪い」じゃなくて「その(男性の、とまではさすがに言わなくても)行為が気持ち悪い」という感覚を奥さんに伝えるべきでは。 男女で目線が違うと気付きにくいことって...

    • anond:20190319102647

      「たとえば僕が『昔から親しかった女性二人にご飯奢ってきた。楽しかったー。』みたいな話をあなたにしたら、あなたはもやもやしないのか?」 夫婦の金は夫婦で共有だし、 自分ら...

      • anond:20190319102818

        いや、金の増減の話じゃないだろ、どう考えても。行為単体で「他者に対して誠実か否か」の話をしてるんだよ。 なんでそんな受け取り方になるん? 怖いな増田。きみ、人からサイコ...

  • anond:20190318173901

    ま、OKラインは人それぞれだが、普通にカジュアルなグループデートだよなそのシチュエーションは。 妬くのは当然だと思うぞ。 男がかわいく妬くのは難しいがな。

  • anond:20190318173901

    その気持ちわかるよ。 他人に奢るって、対価を要求する心が多かれ少なかれ必ずあるからね。 その時は奢る側にそのつもりが無くても、いつ何を要求されるかわからない。 それが...

    • anond:20190319134648

      別に要求されたって応える義務ないわけだし つーかこういう事言ってる人って、友達同士で奢るとかないんだろうか

      • anond:20190319134753

        そうだよね。 相手が勝手に奢ってるだけで、別にこっちが奢りを要求してるわけでもないんだから、 何を要求されても「そんな義務はありません」で突っぱねればいいんだもんね。 あ...

    • anond:20190319134648

      怖い。 自分が奢られるたびに「このあと何を要求されるかわからない」とか思ってるの? 人に奢るとき、これで○円分の貸しだ…とか考えてるの?

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん