2018-12-29

なぜ週刊誌米津玄師ボカロPだったことをゴシップにしないのか

米津玄師は今年を代表するアーティストと言っても過言ではない。しかし、米津玄師は「ハチ」名義のボカロPとして活動していた過去がある。つまり米津玄師世間蛇蝎のごとく嫌うアニメオタクなのだ

これを世間に知られたら間違いなく大騒ぎになるだろう。特にPTAフェミニスト蛇蝎のごとく発狂して、最大限の言葉で米津を非難するだろう。今年は、紅白生中継されるが、今までファンだったキラキラ女子が、米津に向かって火炎瓶を投げる放送事故が発生してもおかしくないだろう。

芸能界特にJ-POP界はキラキラリア充が集まるアンチオタク総本山だ。そういう秩序を乱す米津玄師星野源と一緒に凄惨お仕置きを受ける必要があると世間は考えるだろう。お仕置き役はEXILEJ Soul BrothersといったLDH系や「いじり」が風習となっているお笑い芸人が適任だ。なぜなら、彼らはヤンキー親和性が極めて高いかである

  • anond:20181229210441

    いやいっぱい記事出てるし、 なんならNHKでやってるじゃん・・・

  • anond:20181229210441

    紅白ってすでにジャニーズ秋元アニソンとかオタクまみれやろ

  • anond:20181229210441

    過去じゃなくて今も作ってますがそれは

  • anond:20181229210441

    なぜフェミニストはオタクを相手にすると蛇蝎のごとく発狂するんだろう

    • anond:20181230150049

      たぶん女性にとって男性はカブトムシ(誇り)とカナブン(無価値)とハチ(危険)とゴキブリ(不潔)の4種類に分類される。 オタクはゴキブリ扱い。いるだけで不快。いるだけで不...

  • anond:20181229210441

    「キラキラ女子」に擬態してる「中身ヲタク女子(腐も多数)」多すぎ問題。 趣味にお金使うのはヲタクと言われた人たち。

  • 謎のテスト anond:20181229210441

    TEST

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん