2016-06-03

これからどうなるんだろうな、と思うことがある

たとえば、日本一般市民が持ち歩けないもの代表格として「銃」がある

「銃」は許可無く所持することは法律で禁じられているわけだが、これが概ね有効機能している理由は「銃を入手する手段が非常に限られているから」という一点に尽きる

日本にはもちろん銃砲店は存在するが、許可を得た者でなければ購入することは出来ない

では、もし「銃」が「その気になれば誰でも自宅で手軽に製造できるもの」になってしまったら、「銃」の所持を禁止する法律(銃刀法)はどの程度機能するだろうか?

あるいは「違法薬物」はどうだろうか

もし、法の制限もなく市販されている安全材料だけで自動的違法な薬物を製造するノウハウ確立されたら、薬事法麻薬取締法機能するのだろうか?

最初から例え話が飛躍したが、もう少し現実的レベルに落とし込むと、たとえば遠い将来プログラムの知識が一般市民にも定着して、誰もかれもがオープンソースから無断でソースを流用し、それを一切公開せず、自分以外ではせいぜいが自分家族や親しい友人程度にしか配布しないソフトウェアを、誰もが好き勝手に作れるようになったとしたら、果たしてオープンソースはどうなってしまうんだろうか?

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん