2016-03-28

ヘイトアンチヘイトに対する違和感

新宿区に住んでます

昨日は周辺に警察がやたらと沢山出てきてて、

「うざいなー」と思ってたんだけど、またヘイトデモがあったんだね。

新大久保コリアンタウンも近いし、

この問題に対して、否応が無く考えざるを得ない身としては、

どうも世間論調がズレてるように感じちゃうんだよな。

最初に断って起きたいんだけど、自分外国人排斥や、極度に国粋的な考え方を

持っていたり、支持したりする人間では無いということ。

そうでなきゃ、こんな中国人やその他アジア各国の外国人だらけの土地に住まないわな。

基本的外国人に対してはオープンな考えの持ち主です。

しかし、しかし。

どうも、ヘイトスピーチをどうにかして排除したい向きの人達

ヘイトスピーチ排除すれば問題は解決されるとでも考えてる方々には、乗れない。

カウンターといわれる方々にはパンクロックっぽい雰囲気があって、

中高生のころパンクロックとか大好きだった自分は乗れそうなもんなんだけどね。

成長しちゃったのかな。

まず言いたいのは、ヘイトスピーチ排除することが根本的な問題の解決になるとは思えないこと。

規制をしたところで彼らは地下に潜って先鋭化するだけ。

臭いものにフタをしただけ。中でどんどん腐っていくだけだと思うよ。

そもそも考えて欲しいよ。

何故彼らがそんな極端な考え方を持つようになってしまったのかを。

簡単だよ。

彼らは自分に誇りを持てないんだよ。

自分日本人であるということ以外に。

ここで何が問題解決となるか。

これも簡単だよ。

彼らに自分を誇りに思える何かを与えてやればいいんだよ。

「では、どうやって?」となると色々難しいと思う。

でも、道筋はこれしかないんじゃないかな?

このまま社会は分断されていって良いと思う人には分からないかもしれない。

でも、自分ヘイトスピーチを行う人間と同じ社会に住む一員として、責任を感じる。

分かってくれる人がいればいいな。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん