2008-03-19

[][][][]多量の思想を少量の言葉に収める。

Amazon.co.jp: 読書について 他二篇 (岩波文庫): ショウペンハウエル,Arthur Schopenhauer,斎藤 忍随: 本

精神を備えた人々は、より具体的な表現をえらぶ。」p.65

「いったい人は何か真実なものを伝達しなければならない際に、曖昧な語り方に努めるであろうか」p.72

「少量の思想を伝達するために多量の言葉使用するのは、一般に、凡庸の印と見て間違いない。

これに対して、頭脳の卓抜さを示す印は、多量の思想を少量の言葉に収めることである。」p.74

真理はそのままでもっとも美しく、簡潔に表現されていればいるほど、その与える感銘はいよいよ深い。」p.74

言葉芸術でも不要な一切の美辞麗句、無用な敷衍、表現過剰を警戒し、純粋無垢な文体や話法に努めなければならない。」p.75

「真の意味での、簡潔な文体、充実した高雅な文体は、ただ豊かな思想、内容あふれるばかりの思想から自然に生まれる。」p.105


人の時間には限りがある。

独り善がり

Amazon.co.jp: A4一枚で書類はまとめなさい (Biz plus α): 矢矧 晴一郎: 本

はてなブックマーク - 東大で学んだ卒論の書き方★論文の書き方

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20080319142324

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん