2021-04-22

ジョージロイド氏の押さえつけ方

あの姿勢屈辱的だったから余計に差別感情に火が付いたのだろうけど、場所はともかくあの押さえ方は特にブラジリアン柔術で言うところの「ニー・オン・ベリー」あるいは「ニー・オン」と呼ばれる抑え込み方で、暴徒鎮圧時に使う防御と攻撃姿勢を兼ねたものです。手法としては首ではなく普通は腹におこなうもので、この州ではどうだったのかはしれませんが、頚椎適用することで一切の動きを簡潔にコントロールしようとしたのだと思いますスポーツ格闘技において頚椎への攻撃禁止されていますが、現場武術においてその限りではありません)。

他、地域の情勢や治安、日米の警察官の違いなどは話が複雑化するので割愛します。体術としてはやることをやってるだけで、人間尊厳などという余地はあまりないように思えます

注:黒人差別助長する意図も反対する意図もありません。

  • つまり、アメリカも「犯罪加害者を支持し、警察官を愚弄する」おかしな文化が流行りだしたということでしょう。 これは驚くことでも何でもないんです。民主主義の果ては、必ず「警...

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん