2020-04-07

作品に対する消費者としての愛情、恋慕、熱量限界最上級

本当に泣きそうなくらい好きな曲に出会ってしまったときどうすればいいんだ

もうわからなくて日がな一日リピート再生し続けることはしているし、作曲者SNSは逐一チェックしているし、それでも好きって気持ちがおさまらなくて困る

例えば投げ銭することもできるけどそれすら一時的な気休めでしかなくて

別に作者にこの一方的気持ちを伝えてどうしたいわけでもなく

同じ曲が好きな人共感しようと語り合いたいわけでもなく

アーーーーどうしたらいい、好き好き好き、ぶつけるところねえから聞き続ける、とりあえず文章書く、でもそれでも昇華されないこの気持ち

クリーンヒット創作物を好きになるとその気持ちが強すぎて辛くなることがよくあって、それを当時の恋人に伝えたとき理解されずに笑われた

程よく幸せを感じられなきゃ好きって呪いみたいなもんだ

もはや解けたい

ある種の刺激に対して依存症みたいな作用が起こりがちな脳みそ報酬系機能いかれてやがる

  • 正直うらやましいのだが… そういっても慰めにならないか。 収まらなくてなぜ困る、いっそおさめなくていいではないか、と開き直ってみてはどうだ。 あるいは、幸せすぎてはいけな...

  • マンガ部の部室でハマったらしく延々とYMO聴き続けてた山田詠美に、「同じモノを一気に味わい続けてると急速に飽きるから他のもバランスよく聴け」と忠告したがアイツは聞き分けな...

  • 作曲者のsnsを見たら大抵冷めるものなのに

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん