2020-04-06

amazon詐欺やられた

スマホamazonをチェックしている時、マスク関連商品在庫が急に復活したので脳筋で購入した後、後で不審になってPC購入履歴見直してみると販売元が出品履歴のない新規販売者だった。

いつもは会社からPCでチェックしてたけど、たまたまスマホで、さら価格も怪しくない程度に割引をされていたのでうかつに購入してしまった。

もちろん商品の発送はされず、返金は無事に行われた。

そこまではよい。

問題はその後だ。

普段メールチェックでいつものように詐欺メールを処理している時、何気なくメールの中身を見て青ざめた。

なんと、amazonフィッシングメール自分の連絡先と住所が使われていることに気がついたのだ。

商品名も価格いかにも詐欺臭い内容で、お届け先が自分とは違うから焦ってキャンセルしようとする人間釣り上げる内容だ。

内容としては詐欺信憑性を高めるためだけに使われるものだが、住所氏名電話番号までが流出して拡散されてしまっている事態はあまりにも好ましくない。

amazon被害を訴えたところで対応してもらえないことは目に見えている。

またつまらない授業料を払ってしまったと思えばそれまでだが、これはあまりにも腹立たしい。

この辺のシステムなんとかならんかね。

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん