2020-02-02

汚いものをアップするな

IMSLPという、無料使用できる楽譜などの電子図書館を目指すプロジェクトがある。

これができたお陰で、楽譜の入手コストが劇的に下がり、演奏可能になった楽曲は非常に多い。

筆者もその恩恵を受けている一人である


ただ、それでも気になることがある。

こういう、汚くてとてもじゃないが演奏不可能楽譜を平気で上げているケースが散見されるのだ。

作曲家手書きによる「貴重な歴史的資料」ではなく、上の例のように演奏用のパート譜がこれって、ふざけるにも程があるというか、一体どういうつもりで上げているんだと思う。

使えないもの上げても意味ないじゃん。だったら上げないほうがマシ。

何よりこういうのがあるせいで、中身の可読性関係なく「演奏できるじゃん、大丈夫だよ」などとほざくクソな輩に言いくるめられるのがすげー不愉快

そりゃお前が耳コピで弾いてるから大丈夫ってだけだろ。音符きっちり読まないと弾けない奴に喧嘩売ってんのか。


そんなに文句があるならお前が書いてアップしろって?そういう問題じゃねーんだよ。

こっちは「読むのにストレスを感じない楽譜」が入手できる曲だけ弾きたいんであって、汚い楽譜を書き直すために音楽やってるわけじゃねーから

あと買えって意見トラバにあったけど、こういう曲に限って日本楽譜買えるかどうか全く分からない曲だったりするんだよなあ。

もちろん売ってるか調べてまで買うのも、自身音楽活動には含まれないわけで。

  • じゃぁお金を出してお店で買えばいいと思う

    • そもそも、日本でパート譜を買えるかも分からない曲だったりするわけで。

      • 海外取り寄せの努力くらいしろよ

        • そんな事してまで演奏したくないから。 楽譜入手に八方手を尽くすことは、自分の音楽活動に含まれないんで。

          • であれば、おまえの熱意とアップロードされる楽譜の品質は、等価である

            • は?バカ言ってんじゃねえよ。 汚い楽譜じゃやってらんねーと思う事がそんなに悪いのかよ? ふざけけんなよ。 そもそも演奏の熱意と楽譜探しをイコールで繋げる意味が分からん。 演...

              • 普通に読める普通の楽譜を普通の対価を払わずに手に入れようとするのがおかしい それが海外取り寄せでしか手に入らないなら尚更相応の対価が必要 それを無料で手に入れようとゴミ箱...

                • むしろ、場合によっては著作権法や編集権に違反しているのを正々堂々と主張している というのは一度整理しないといけないんだと思う。 楽譜の音楽著作権が切れているというのと楽譜...

  • 中身の可読性関係なく「演奏できるじゃん、大丈夫だよ」などとほざくクソな輩 に文句を言うべきなんであって 上げて意味が無いかどうかはあなたが決めることではない

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん