2019-10-13

なんで音楽アーティストって賞味期限があるの?

台風の話ではなくジャニーズのほうの嵐がApple Musicに来ていて、

それが2007〜2010年くらいまでの4、5曲しか聴けないんだけど、

失礼な話、確かに嵐の全盛期ってこのあたりのイメージなんだよね。

不思議なのはミュージシャンアーティストシンガーバンド、なんでもいいけど、どうして彼らには賞味期限があるのかということ。

だってSMAP2003年の「世界ひとつだけの花」くらいまでだし、

モー娘ミニモニプッチモニあたりの派生グループも含めて2002年くらいで勢いがなくなるし、

AKB48も「ポニーテールとシュシュから恋するフォーチュンクッキー」あたりまでは神曲連発してるのにそこからパッとしなくなるし、

B'zは「ultra soul」までだし、BUMPは「supernova/カルマ」までじゃん。

まあ多少は個々人でどこまで好きってのはあると思うけど、人気曲ランキングとか見ててもそう外してはいないはず。

他のアーティストでも「ここからここまでの曲は好きなやつばっかりだけど逆にそれ以降はさっぱり」っていうの絶対あるでしょ。

アーティスト自分作曲やってるなら、才能が枯れたとか、売れ線つくるのが嫌になったとかあるかもだけど、

アイドルなんかは他人に曲を作らせてるわけで、それが何で急にパッとしなくなるのかわからん

いちど軌道に乗ったあとは良い曲を新グループかに回すから

メディアへの露出が減って聴き馴染みがなくなるから

聴いてる側の趣味が変わるから

作ってる側が路線変更するから

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん