2019-10-11

手描きでグラフを作る練習意味

通ってたコンピュータ専門学校では、1年生は基礎的な事を勉強する。それこそPCの電源の付け方からだ。

そんな中、とあるデータから表とグラフを手描きで作成する課題が出された。

パソコン経験がある生徒は「表計算ソフトがあるのに、わざわざ手描きなんて全くの無駄」と不満を言った。

しかしこの課題意図は、一見無意味文字数字の羅列から意味のある「情報」へと視覚化する表現方法を学ぶことだった。

「手描きも出来ないのに、Excel使っても良いのができない」とは講師の談。

デキる人は手描きだろうが関係ないが、大学へも行けない偏差値の連中が多い(多かっただろうなぁ)生徒を叩き込むには、いい課題だったと思う。

結局というか、望んでいた業界には能力的に入れなかった自分だがなんとか社会人になった。

後輩があげてくる物足りないドキュメント添削すると、あの課題を思い出す。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん