2019-07-12

ルッキズムを捨てたい

デザイン系の職に就いていたため、どうしてもルッキズムを捨てきることが難しかった

広告ルックブック、販売員webサイト等、化粧品アパレル商品を売るためには「美しい人」というのが欠かせなかった

美しいことが直接お金につながることが自分の中で常識になっていた

ここ最近フェミニズムをはじめとした人権の話がネットでよく見えるようになった。

色々と読み進めていくことで、いか自分無知で無学で恥ずかしい意識を持っていたかをやっと自覚した。

ブスは罪じゃない、短足でも、毛深くても、おっさんでもおばさんでも、人間のものは美しいんだと思うように努力した。

それでもたまに思ってしまう。

例えば平均と離れたバランス容姿の持ち主が、他の人間容姿についてけなしたり、いじったりするとき

「お前その顔でそれいうのかよ」と。

じゃあ橋本環奈であれば、吉沢亮であれば、長瀬智也であれば、誰を貶してもいいのか?

そんなことはないと思う

どんな容姿をしていても、他人容姿を貶すことはあってはいけない。

それは、黒人の肌や、アジア人の目を指差して笑うこととなんら変わりないじゃないか

でも思ってしまう。どうしても。

ハゲハゲを笑うこと、おっさんがおばさんを気持ち悪がること、ブスがブスを貶すこと

どの立場で言ってるんだと思ってしまう。

  • anond:20190712180416

    るっきずむを否定するのが正義と思ってる人が多いけど、 るっきずむはそれ自体が間違っているわけではないよ。 だから捨てる必要は無い。 大切なことは、るっきずむだけが全てで...

    • anond:20190712180952

      なるほど 自分は極端な考えを持ちがちだったので大変参考になった その通りだな

  • anond:20190712180416

    「お前その顔でそれを言うのかよ」じゃなくて 他人の見た目にたいして文句いうのは全てクソ

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん