2019-05-25

ドキュメント振り込め詐欺師、認知症との闘い」

樫妻悦宏さん(仮名

東京都郊外マンション拠点に置く、とある振り込め詐欺グループの中心人物である

(中略)

この日、ある異変が起きた。

いつものように、受け取り場所の手配と見張り要因の募集を部下であるヤマシタに依頼するため、電車マンションに向かう。

樫妻はマンションに着くなり、自分の席に座り、スマホ新聞確認・・・

このとき、樫妻は、部下への指示を完全に忘れていたのだ。

そこに、部下の一人、ヒロミと呼ばれる男が樫妻に尋ねた。

ヒロミリーダーグレープ(今回の詐欺事案の合言葉)はどうなりましたか?」

樫妻「……」「ああ、グレープはまだ連絡待ちだろ」

樫妻「あれ、ネグラ(詐欺被害者)もう受け取り?」

ヒロミはい

事務所は、騒然となる。

―――

樫妻「…はいありがとうございます」「ええ、それはもちろん」

幸い、別の詐欺グループから応援により事なきを得たが、謝礼という名目の余計な出費というダメージを負ってしまった。

樫妻のミスは、これが初めてではなかった。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん