2018-10-17

anond:20181017143035

しかに一応理屈はなりたつように見えます

自閉症スペクトラム重症である自閉症は、「今ここにいる自分のもの」への違和感が限りなく拡大してしまう。

私の読んだ本では、暴れるのでベッドにしばりつけたら、ベッドのスポンジをちぎっては喉につめこんで結果的自死してしまった。という例がありました。虐待などしていない(むしろ介護者を患者虐待しそうだった)ことが悲しみつつ書かれた本から明確に読み取れました。

また、IQの高い自閉症スペクトラム妄想のあらわれやす病気とも関連が言われているようだ(同じ薬が利いてしま場合がある)。

 

からといって、自閉症スペクトラムにも決定打のような治療法がない。

そして敷居を高くしすぎてしまうと、半陰陽など身的特徴で見てもどっちつかず(その時その時で優勢なホルモンに従わざるを得ない。たとえば小児のときちんこあきらかにあったが、あとでおっぱいが大きくなる、生理不定期にはじまる。またはその逆)の人など、居場所がなくなってしまう。

それは発達障害なり自閉症スペクトラムケアへの到達もしやすくすることでバランスをとっていくか、

ビッグデータといえるほどのものをあつめてAIで「この人は将来うまくいく」「この人はダメ」って見分けるくらいしか方法がない。

今大きく傾けるのはとくさくではない。

  • anond:20181017144253

    まあ手術知見なども含めて今は試行錯誤の時期ってことだね。 原因は不明だから大なり小なり当たって砕けろでやるしかない。 極端な言い方すれば現代のトランスは将来のトランスの被...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん