2018-05-12

人生に夢がなくなった。

仕事のために勉強する意欲が無くなった。

今の状態から努力しても生半可なやり方では給料が大きく増える見込みはないし、知識を蓄えて経営者になってもうま味はなさそうだ。

この仕事を続けるのなら、今後はもうずっとなあなあで仕事を片付けるだけの日々になるだろう。

というか、もう自分には今抱えている毎日業務をこなすので精一杯だ。

これ以上仕事の方にエネルギーを使う余裕はない。

趣味に対してすらぞんざいになってきた。

いっぱいいっぱいなりに仕事は順調に勧められているので、今やっている仕事をそうそうクビになることもないだろうし、条件を少し緩めれば同業他社に平行移動することも容易だろうから、定年まで食いっぱぐれる心配は今の所はない。

人生が組み上がってしまった。

それも物凄く小さく。

そして特に面白くもなく。

ここから残りの時間エネルギーで何かが出来るとは思えない。

休日に家でダラダラとテレビを見ながら、「たまには旅行にでも行くか。短くても長くてもつかれるから二泊三日ぐらいな」と考えるようなオッサンになった。

これがオッサンになるってことなんだな。

枯れていく。

枯れるってのは、乾いた人生を生きるっていう事以上に、自分人生に新しく実や葉をつけようとするためのエネルギーが失われるってことを意味していたんだな。

自分がなってみるとよく分かる。

しかし、夢のまったくない人生というのは心が乾くな。

宝くじ万馬券もついつい買いたくなる。

キャバクラかに行りびたってみたくなる。

辛い。

考えてることがオッサンすぎる。

オッサンオッサンでも悪い意味オッサンすぎる。

老練した考え方はなく、ただ老化しただけの回転速度が遅く度胸を失った脳みそがそこにあるだけだ。

  • anond:20180512112343

    なんで好きでたまらない人とご結婚なさらないんですか? たしか書いて折られたと思うのですが。 最初好きだった人はもういらなくて、 今は好きでたまらない人が他にいるのでそっち...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん