2017-12-29

何と表現したらよいのか(一応失恋話)

「私のこと楽しませる気ある?」

「女はいつでもリードされたいのよ!」

ある女性から今日こうやって言われた。

付き合っていたわけではなく、知り合ってたったの1ヶ月程度、会ったのも今日でたったの3回目。

突然なんだと面食らったが、聞くと俺の誘い方など3点ほどについて具体的にダメ出しをされた。

俺に真剣さがあるかどうか判然としなかったことに対する苛立ちから出た言葉のようだったが、自分の内心としては「2、3回しか会っていないのでは判断できない」というのが正直なところだった。

いい人だったが、「この人でないと!」という特別感までは得られていなかったのだ。

そんな心理しかなかったから、それほど積極的雰囲気は出せなかったし、当然伝わってもいなかったことだろう。

かに、俺の態度に不備があったことは認めるが、さすがに冒頭のフレーズ高飛車傲慢な印象を禁じ得なかった。

じゃあ反対に彼女が俺との時間を「楽しもう」としているような言動(=真剣さ)があったかというと、俺には何も感じられなかった。

まり自分相手に何も与えないが相手自分に望むものは何でも与えるべきである」ということで、まさに高飛車傲慢という表現が適切と思われるが、適切でないならば何と表現したらよいのだろうか。

何にせよ彼女は「減点法」(=「あなたのここがダメ」と引き算で相手評価するアレ)で考える人だということがわかった。

仮にうまくいっていたとしても先は見えた。

相手に選んでもらえなかったという意味では気分が悪いが、不良債権回避できたわけだし今回は折り合いをつけよう。

  • anond:20171229221331

    フィードバックがあるのはすばらしい 相手が、改善要求出してくるってことは、相手にしてくれてるってことじゃん うらやま 次に活かせ

    • anond:20171229221749

      確かにフィードバックなんて通常ないもんな。 そこは本当にありがたい。 次は…何らかの特別感を感じられるような人に出会いたいものだ。 高飛車とか傲慢とかよりも「引き算で考え...

  • anond:20171229221331

    良い女性ってのは こちらを肯定しながら自分(彼女)の好みに成長させてくれる女性だろうね 過程も楽しく、目標を達成すればなお良い それが出来る女性というのはまりに少ない 最...

    • anond:20171229222748

      ものすごく納得させられた内容だったよ。 助言ありがとう。 なるほど加点法の女はそういうリスクがあるな。 自分自身も「良い男」になれるよう精進せねば。

  • anond:20171229221331

    真剣に付き合う気があるのかどうか分からない男に時間使いたくないってことなんじゃね? 増田は男女の仲ではなくても、仲良くはしたいってスタンスだが、その女性は男とデートする...

  • anond:20171229221331

    お互いティンときてなかっただけじゃないのかなぁ。 お見合いでも、相手が気に行ってくれてると、結婚したら海外はここいきましょーとか **も習ってくださいねとか、婚約指輪は...

    • anond:20171229230535

      これもものすごく納得させられる例示だよ。 結婚となるとなおのこと慎重にならざるを得ないのだけど。。 よく聞く「結婚を前提にお付き合い」ってのは、「私との結婚生活を想像(...

  • anond:20171229221331

    お疲れさまでした。 そういう女性いるね。なんかこう女性がたのしんであたりまえみたいな人。その女性自体が楽しいわけでは無いんだけど。 若いとき、そういう女性と付き合ってつら...

    • anond:20171229235409

      楽しもうとしてくれるところがあるならまだよかったんだけど今回はそれもなくてただ「楽しませなさい」だけだったから。 気持ちはわかるけど、「その程度で私と付き合おうなんて身...

  • anond:20171229221331

    文面からなんか朴訥としながらも素直な人なんだなという印象。 嘘ついてウワベを取り繕って関係を維持しても意味がないという気持ちがストレートに態度に出てたのでは、 そして女は...

  • https://anond.hatelabo.jp/20171229221331

    語尾が「のよ」とは嘘松かな?

    • anond:20171230151003

      そもそも 「私のこと楽しませる気ある?」 「女はいつでもリードされたいのよ!」 が嘘松っぽくて… こんないかにも作りものっぽい下手な脚本みたいな台詞を実際に喋る人いたら...

      • anond:20171230152532

        そう、不自然だった。 面食らった。 違和感を禁じ得なかった。 だからこその決別だった。 信じたくなければそれでよろし、事実は小説よりも奇なり。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん