2013-06-27

http://anond.hatelabo.jp/20130627115743

まり、悪を叩くことが正義であるからいかなる手段を使っても悪を滅ぼせば自分正義である。という理解でいいか

そんなことは書いてない。正義かどうかはわれわれの道徳心による、と書いた。そしてそもそも悪は滅ばない。光ある限り、また闇もある。

時代が違えば、オウム正義足り得た可能性があった。しかしそうならなかったのは、われわれがオウム正義と認めなかったからだ。なぜなら、彼らの手法はわれわれ自体に危害が及ぶものであり、これを正義とするのは自殺と同じだったからだ。オウムはただの暴走機関に成り下がったのだ。

まり、われわれに危害が及ばない限りは、彼らは正義足り得た可能性があったということだ。事実創価学会は潰しておけばよかったのに、という意見はこういう話題になるとよく書かれる。

悪を叩くことが悪であることが考慮されない。つまり暴力的な正義ヒーロー正義ではなく悪だということをきちんとメディアはやらないといけない。

そのボーダーをどこに定めるか、というのがわれわれの道徳心なのだ。悪を叩くことそれすなわち無条件に悪である、ということも、いや、一定は認める、ということもある。

ブラック企業は悪だけど、それを叩くのは悪かどうか、といえばわかりやすいだろう。ここ(http://anond.hatelabo.jp/20120111092149)のブコメには「こういう奴らのためにブラック企業がある」という類の意見も書き込まれているとおり、結局ブラック企業というのはビルから飛び降りろとか過労死が出ようとセーフティーネット果たしている。これを規制するということは結局底辺の人間が割を食うということだ。つまり必要悪としてのブラック企業というわけだ。

正義から悪を滅ぼしていいって、十字軍時代じゃないか

Don't laugh, Shut up!

記事への反応 -
  • http://anond.hatelabo.jp/20130627115319

    つまり、悪を叩くことが正義であるから、いかなる手段を使っても悪を滅ぼせば自分は正義である。という理解でいいか?   つまり、勧善懲悪のメディアがいかに間違っているかという...

    • http://anond.hatelabo.jp/20130627115743

      つまり、悪を叩くことが正義であるから、いかなる手段を使っても悪を滅ぼせば自分は正義である。という理解でいいか? そんなことは書いてない。正義かどうかはわれわれの道徳心...

      • http://anond.hatelabo.jp/20130627122103

        うん。たぶん君のような正義漢が世の中を生きづらくさせる。 地獄への道は善意で舗装されてるってな。

      • 平成日本とオウム真理教

        オウム - はてな匿名ダイアリー https://anond.hatelabo.jp/keyword/%E3%82%AA%E3%82%A6%E3%83%A0 2018年 anond:20180714202909 ネットは息苦しい場所になった anond:20180714190838 [AUM] アビラケツノミコト「神軍...

        • 「グフッ」(松本元死刑囚)

          松本元死刑囚、執行直前の様子明らかに TBS NEWS http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3419567.html オウム真理教の松本智津夫元死刑囚の死刑が執行されてから13日で1週間になります。当日...

          • anond:20180716171442

            四女に、愚父を引き取らせて申し訳ない、じゃないかな

          • anond:20180716171442

            小声でよく聞き取れなかった刑務官が「四女?」と聞き返すと、松本元死刑囚は四女の名前を口にしました。 聞き取れなかったことにして四女?と繰り返し尋ねることでボケた麻原か...

          • anond:20180716171442

            「ザクッ」低能先生

          • anond:20180716171442

            上祐さんって自分も死刑になっててもおかしくない立場だったのに、まるで他人事みたいに批判していて、どういう思考回路なんですかね? https://twitter.com/joyu_fumihiro   うまいこと言っ...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん