2016-07-12

腐女子ミソジニーについて

日本会議研究』を読んで、ミソジニーオタクについて考える

http://bokukoui.exblog.jp/25428275/

このブクマを見ると、腐女子無視しておたくを語るなという意見がちらほらあるが、

腐女子も女のミソジニーを抱えているものが多いという見解を述べておく。

そもそも夢女子と違い、やおいBLは徹底的に自分という女の存在を消す。

モブの女が出てきただけでも「閲覧注意」だ。

自分や他の女の存在はいらない。見たくない。

これがミソジニーと言わずになんだというのだろう。

今の腐女子は人数も増えて多様化しているが、

昔は見た目に自信がもてず、しかし真面目な子が女おたくと言われたものだ。

彼女たちが、幼い頃から親のミソジニーをうけついで「いい子」に育ち、

思春期で異性と奔放に遊ぶことなく、やおいにはまり、頭のなかで奔放に遊ぶ。

そもそも私としては、ブスがブスであることを気にして身を小さくすることさえミソジニーだと思う。

くったくのない環境で育った、例えば帰国子女の女などは、自分が太っていようが、

目が小さかろうが、明るくくったくのないタイプが多いと思うのは気のせいだろうか。

今は腐女子多様化しているが、いくら見た目がかわいくても、

びっくりするほど自尊心が低い女は多い。

せめて頭の中では自分を消して楽しみたい。

あまつさえ「やべぇほも!」「ほもがうつる」などと性差別に鈍感であることは、

ミソジニーフェミ攻撃する男おたくと何が違うのだろうか。

ちなみに腐フェミとか自称しているよくツイッターで見かける自称フェミニストどもだが、

長らくウォッチしていると、時々彼女らは過去自分名誉男性っぷりを告白することがある。

過去に強くミソジニー内面化し、ある時フェミニズムに目覚め、過去を悔い、

その恥ずかしさからさら他人から性差別を感じ取ると徹底的に攻撃するというわけだ。

今までと同じようにすべてのコンテンツを楽しみたいのに性差別に気づいてしまって苦しいか

コンテンツを変えろと過激にふるまっているだけだ。

目覚めてしまった系のたちの悪さといったらない。

まぁともかく、腐女子存在が「おたくミソジニー」を否定するなんてことはない。

腐女子もひっくるめておたくミソジニーの塊だ。

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20160712061304
  • ミソジニーときくたびに

    ついこないだ三十路になった自分を思ってため息がでる ミソジニー→味噌汁を思い出して茶色の薄汚れたイメージがある ミソジニー→ミソサザイ→なんとなくよだかの星を思い出して、...

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん