2007-11-15

或る病院の一生

救急を取る病院がまだまだ少なかった頃。

地域の基幹病院は県立病院救急車で30分。救急対応も今ひとつ。

地域に「住民のための」新しい病院への欲求が高まった頃、200床程度の規模でその病院は開院した。

何もない開院したての病院外来の棚の中は空っぽ。買ったばかりの備品は全てダンボールの中。事務も看護もみんな初対面。場所によっては、誰かが梱包をあけて棚に備品を並べてくれていたりするけれど、どれもビニールがかかったまま。洗面台の水は妙にシンナー臭い。

新しい病院を立ち上げる仕事楽しい医師派遣元にも十分な人手はいないので、みんな交代で出張

新しい病院。新しい町。医局の引継ぎノートには、新しく作った約束処方、備品のありか、地元に詳しい事務の名前や電場番号、近所のコンビニの場所などが記載されていく。遊びに行くにもどこにいっていいのか分からないから、医局の冷蔵庫には魚肉ソーセージと酒の瓶。毎晩野郎ばっかりの飲み会

立ち上げ当初は、食事も宿泊も全て病院内。3食病院食は、2週間もすると飽きてくる。もっと身体に悪いものが食べたくなって、医局に周辺の出前リストがそろう頃には、外来にもだんだんと患者さんが増えてくる。

まず集まるのは、「主訴:腰痛」の整形外科の患者さん。理学療法室の常連を徐々に増やして、高血圧の人、咳のひどい人などを外科に紹介して、外来の人数はだんだんと増えていく。

そのうち、軽症の交通外傷の患者さんが救急車でやってくる。病院にも、若い患者さんが増える。もともとの設立の動機は「地元のための」病院病棟はきれいで、居丈高な公立病院反面教師に、時間外でも笑顔で診察。

開院2年目。待合室には若い人が増え、活気を帯びてくる。外科、内科とも常勤のドクターが増える。スタッフの数が充実すると、皆もっと高度なことがやりたくなる。

「24時間救急を取ろう」「研修医を育てよう」スタッフが若ければ、気合だけで施設が充実する。病院で行えることはだんだんと高度になって、救急車の数も増えていく。

「あの病院はよくやってくれる」。地域の信頼が集まると、もっと若い患者さんが通院するようになる。

病院は忙しくなる。患者さんの年齢層が変化して、皮膚科や耳鼻科といった、若い患者さんが得意な科も充実してくる。

眼科が入ると、病院経営は一気に好転する。白内障の手術の得意な眼科医は、内科医3人分の収益を一人で稼ぎ出す。黒字科が増えることで、病院にはもっと大規模な設備が導入される。

「カテ室を作ろう」。開院8年目。常勤できてくれる循環器のドクターも決まり、循環器外来が始まる。患者さんの数はますます増え、救急外来にも救急車の音が毎日鳴り響く。

病院は、名実共に地域の基幹病院になっていく。

雲行きが怪しくなるのは10年目頃。10年もすると、町にも高齢者の数は増えてくる。救急外来に来る患者さんも、外傷や脳出血、急性腹症といった年齢層の若い救急患者だけでなく、転倒による大腿骨骨折、近所の老健からの誤嚥性肺炎の紹介といった人が目立つ。

病棟の業務は変わる。夜間に不隠になる患者さんが増え、重症患者のための個室は、いつのまにか不隠部屋に。重症患者さんは大部屋。徘徊老人は個室。不隠の強い高齢者はなかなか退院しないから、若い患者さんの個室への移動希望はかなわなくなる。

「あの病院はうるさい」「いつも廊下で叫び声が聞こえる」。病院へのクレームが増える。

「四肢抑制」「不隠時セレネース静注」、今までは書かれることのなかった指示が指示簿に当たり前のように記載されるようになった頃、日中のナースルームは不隠の強い高齢者であふれ返り、医者は叫んで暴れる年寄りの相手をしながらカルテを書く。かつてラクテックがぶら下がっていた点滴台には、経管栄養のバッグが目立つ。PNツインもまだ棚に置いてあるけれど、滅菌期限寸前でほこりをかぶったまま。中心静脈栄養なんて、もう半年ぐらい処方してない。

病院が止めを刺されたのは、近所に新しい老健が出来てから。「○○病院がすぐそば」を宣伝文句にして人を集めたその施設は、嘱託医者が帰る5時以降になると患者をどんどん連れてくる。少しでも熱が上がると、「うちでは見られません」「入院させてください」の一点張り

もともと「24時間、患者さんを断ることはしません」との宣言を出していた施設。開院して12年、それでも気合で守ってきたそんな宣言は、病院とは縁もゆかりもない業者に美味しく利用される。外来には車椅子に拘束衣で来院する年寄りが増え、以前から通院していた若い人は外来からいなくなる。

地元の評判は、「あの汚い病院」にいつのまにか変わっていた。

夜中によく来る喘息お姉さんに「今度、午前中の私の外来に来てください」とお願いしたことがある。「私は○○病院にかかっているので、ここはちょっと…」と、マスコミによく出る施設の名前を出された。

市民のための病院市民に見放された病院。ここはいつのまにか賎民のための病院に変わっていた。

病棟はもはや、行き場のない高齢者でいっぱい。若い人の肺炎喘息といった病気外来で何とか診るしかない。病棟業務は連日の転院先探し。患者さんもご家族も、「一生ここにいさせてください」と願う人がほとんど。やっとの思いで転院させても、2週間もすると37度の発熱で救急車で帰ってくる。もう二度と転院に応じるものか、という決意を持って。

手術の症例も減った。病棟ナースにも離職者が相次ぐ頃、引き上げた医師にも後任が決まらなくなり、病院は慢性期疾患を細々と診るだけの施設へと変貌した。

地域の若い人たちはもっと新しい病院へ。

「あの病院に行くと死ぬ」。こんな評判が地元に立つ頃、病院は死に体になった。

間違ったことはしていないつもりだった。より高度な医療サービス。より簡単なアクセス。地域の医療需要に応えつづけた結果、病院は地域から見放された。

病院組織は、自己進化の果てに崩壊する。

より広い需要に応えたい。より高度な医療をしたい。患者さんのための医療をしたい。力をつけようと努力し、進化を続けた結果、「強い」病院にはより弱い立場の患者、慢性疾患の末期の人、行き場のない高齢者が集中するようになった。

90年代に救急外来一生懸命やっていた民間病院の大半は老人病院化し、急性期疾患を搬送する救急車は、以前は急患を断っていた市立病院日赤病院に集まるようになった。そして現在、そうした病院すらもだんだんとベッドが回らなくなり、一昔前なら救急車が素通りしていた大学病院にも、寝たきりの高齢者が搬送されるようになっている。

恐竜絶滅寸前の時代。爬虫類全盛期、さまざまな大きさの恐竜が覇を競い合った後、気候の変化とともに体の大きな恐竜しか生き残れなくなった状況。市中病院が高機能化し、救急外来を充実させて「恐竜」化する一方、「恐竜」化した大手市中病院は、進化の果てに絶滅しそう。

その影で数を増やしているのは、小さな哺乳動物。小規模病院老健業者。元気がなくなる恐竜達を尻目に、誕生したばかりの哺乳類きれいな施設、専門特化した医療技術武器にその勢力を増している。

時代は変わる。恐竜が闊歩していた時代は去ったあとは、小型ですばしこい哺乳動物の時代が来る。医療無駄は減り、効率のいい医療、効率のいい経営が実現できるようになる。

問題なのは「恐竜クラスの力がないとどうしようもない患者さんはいつの時代にも存在することで、哺乳動物を目指した施設は、最初からそうした人を相手にする意思は無い。

主役の交代は、すでに小児科、産科の領域では確実に進行している。産科のいない市は、もはや珍しくなくなった。

恐竜だって絶滅したくて進化したわけじゃない。医者だって絶滅する恐竜心中したくはない。結果として哺乳類が生まれ、「食べられない」患者は見捨てられる。

病院患者マスコミ。みんな死にたくないから頑張ってる。

誰かが悪くてこうなったというわけではないと思う。

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20071115100718
  • 地域医療と病院経営に寄せて

    ここ。読んでいると、医療関係者でもないのに身につまされます。医療の問題はこれからも多く問題化されるでしょうけれどこと「経営」となると、これは医療だけに限ったの問題ではな...

  • bookmark_2007-11-15

    グラフィックデザインのメッカ「Deviantart」をわかりやすくカテゴリわけしてみました Taken SPC : WebKit の Gdk 移植版をビルド "コラム: 家電製品ミニレビューソメラ「高速脱水機 C-14LSS」 " ...

  • http://anond.hatelabo.jp/20071115100718

    元記事は http://medt00lz.s59.xrea.com/blog/archives/2005/04/post_220.html ソース↓ 本人投稿です。。。 昔書いた文章が反響なくて不憫で、語尾を書きなおして増田に投稿してみました。 増田には...

  • 「俺は健康だ!俺の生活にいちゃもんをつけようっていうのか!」

    或る病院の一生(はてな匿名ダイアリー) 血管に積もる老廃物、動脈硬化そして脳卒中・心不全へ。鮮やかにイメージが沸きました。   人間個人も病院組織もきちんと摂生しなければガタ...

  • 確かに一歩間違えるとそうなるかもな

    或る病院の一生いやぁ、しみるなぁって感じ。本当なのかどうか検証出来る立場にはないけど、十分あり得るんじゃないかという真実味があります。けど、確かに無くなって貰っては困る...

  • 或る病院の一生

    病院に関わる仕事を先日したが、本当に産業として疲弊しているね。強化する科でも患者を平気で選別する。「儲からない患者はヨソへ。おいしい患者だけウチで。」で、はじかれた患者...

  • 医療現場現代悲話? 「或る病院の一生」

    或る病院の一生http://anond.hatelabo.jp/20071115100718 ?救急を取る病院がまだまだ少なかった頃。 地域の基幹病院は県立病院。救急車で30分。救急対応も今ひとつ。 地域に「住民のための」新しい...

  • http://anond.hatelabo.jp/20071115100718

    元ネタ 病院のライフサイクル http://medt00lz.s59.xrea.com/blog/archives/2005/04/post_220.html

  • 或る病院の一生

    或る病院の一生沁みるなぁ医師は、沈みゆく船の船長であるべきなのだろうか?いや俺は逃げるぞ

  • 「紹介」或る病院の一生 :ハンカチを用意して下さい、涙、涙の話を紹介!

    「紹介」或る病院の一生 :ハンカチを用意して下さい、涙、涙の話を紹介!或る病院の一生 : http://anond.hatelabo.jp/20071115100718救急を取る病院がまだまだ少なかった頃。

  • 今日はちょっぴりマジメなお話

    さっき、テレビでモンスターペイシェントの話を取り上げていたので、今日はモンスターペイシェントのお話でもしようかと思う。モンスターペイシェントで、一番問題になるのはやは...

  • http://anond.hatelabo.jp/20081122173235

    >増田に書く理由ないもんな。 medtoolzさんは「昔書いた文章が反響なくて不憫で、語尾を書きなおして増田に投稿してみました」と以下の文章を増田に投稿されたこともある。 http://anon...

  • 「或る病院の一生」から、病院というものについて考える

    『或る病院の一生』がネットで反響 病院の内情を克明に 現在ネット上で「或る病院の一生」という文章が小さな話題を呼んでいる。 この文章はもともと或るブログ上に「病院のライ...

  • 違う文脈でも成り立ちそうな話

    しばらく前にWeb徘徊してて見つけたもの。忘れないようにメモ。別の文脈でもこれらっぽい話って結構あちこちであるかも。或る病院の一�...

記事への反応(ブックマークコメント)