2019-10-09

35万円の自転車を買った

今までは20万円のロードバイクに乗ってた。

パーツを一つ一つ選んで"なぜこのハンドルなのか"を話せるくらいこだわって35万円の自転車が完成したのだけど凄い。

まず思ったとおりに自転車が動く。

今までは「自転車を操縦してる」感があったのが、自分の手足のように動く。

そしてそれが楽しい

よくバイクや車のインプレッションで「運転する楽しみ」という表現があって、あれがよくわからなかったがこういうことか

と驚いた。

長い距離ゆっくり走りたいのでそういうフレーム・パーツ構成したこともあって

100km走っても疲労度が少ないのがいい。

今回わかったのは、この「走って楽しい」を実現するのに最低限必要金額が35万円になると思う。

コレ以下だとパーツ選定に妥協せざるを得なくなって今の乗り心地は多分無理。

まだ納得していない部分もあるのでさらに改造するとトータル50万いきそうなきがする。

追記:知らん間にブックマーク増えてる。

簡単ですけど以下にパーツ構成です。

(構成パーツ:ブランド「パーツ名」)

フレーム: オールティ 「ZIGZAG」

コンポ:105(ディスクブレーキ)

ヘッドパーツ:クリスキング

BBクリスキング

シートポスト:トムソンエリート

サドル:WTBボルト プロ

ハンドル:ディズナ「ニーザーハンドル

ホイール:ショップ手組み

一部既存マシンから流用パーツあり

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん