2018-11-09

劇場版プリキュアオールスターズメモリーズ観た

劇場版プリキュアオールスターズメモリーズを一人で観てきたおっさんネタバレありの感想



要約すると、今回の敵は使われることのなかったゆえにダークサイドに堕ちたカメラで、自分が写したかった綺麗な記憶プリキュアから奪ったが満たされることもなく、最終的にははなの説得で浄化された、という話。

なんだけど、カメラ本体を見つけた時にさあやがあれだけ反応した、ということはマイナーでも知っている人は知っているのだろうし、そもそも製品として世に出ている以上は開発者の想いをたっぷり受けて作られているであろうに、そこに全く触れられなかったのが残念だった。

てっきり開発者との思い出をみつけて、「なんにもないなんてことはないよ。君だって愛されて生まれてきたんだよ」って展開になるとばっかり思っていたのに。

いや、自分がここ最近やっとのことで世にリリースできたサービスが、売上あがらずあっさりと終了になってしまって、それをミデンと重ねてみてしまっていたと言うのもあるんだけどさ。


世の中の製品基本的開発者製造者から愛されて出来ているんだよー、と年甲斐もなく主張したくなった。まあ、プリキュアという純なものを見たおっさんたわごとです。


あと、出演するプリキュア全員に声があると聞いて、どうすんだろう?と思っていたら、各シーズンごとに数秒ぐらいしかなくて、しゃーないけどとは思いつつもちょっと笑った。


ちなみに平日の最終上映で、本来ターゲットである子供は一人もいなかった。声を出してプリキュア応援する人も、ミラクルライトの輝きも一切なかった

これでは奇跡は起きないよなーとか思いつつ予定調和で話は進んでいくのであった。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん